資本主義:止められない力と動かないオブジェクトの出会い byテイト・グリーン

現代社会における生活の原動力であるお金。そんな気まぐれな紙切れ(居住地によってはプラスチック)が私たちの生活を動かしているのだから、心配すべきでないのだろうか?私たちの人生を動かし、私たちの決断に影響を与え、ストレスや不安を引き起こし、私たちの生活の質を悪化させるものがあるという事実は、「なぜ私たちはそれを身近に置いているのか」という疑問を投げかける。アメリカの各州の最低賃金は、各州の「生活可能賃金1」を少なくとも2.84ドル下回っている。まだ引っ越す必要のない人だけが最低賃金を得ている」と主張する人がいるが、2022年には16~24歳の労働者45万7000人が最低賃金を得ており、25~34歳の労働者20万7000人が最低賃金を得ている2。

しかし、もし最低賃金が生活可能な賃金を下回り、若者の多くが最低賃金で働くとしたら、この理想はどうやって達成されるのだろうか?この難問のもうひとつの大きな問題は、生活可能賃金が貧困基準値のみから算出され、基本的な食費3しか考慮されていないことだ。つまり、生活できる賃金は、健康保険、自動車保険、ガソリン代、家賃/住宅ローンの支払い、光熱費、衣料品、身だしなみ用品、その他現代社会で必需品となっている多くの光熱費を考慮していないということだ。

この反論の後にはたいてい、「会社で出世し、生活費を稼ぐためには、いい仕事をしなければならない」という主張が続く。この主張は、”アメリカでは、所得分布の下位20%で育った子供の8%が大人になって上位20%に上がることができるが、デンマークでは15%とほぼ倍である “という事実を考慮すると、とんでもないことに聞こえる。

さて、これはどうしたことだろう?今、私たちはこの問題の核心に迫っている:
資源が有限である地球上では、無限の成長は不可能である。

無限の成長という止められない力が、有限の資源配分という動かせない物体(というより価値)と出会っているのだ。フレッド・マグドフとジョン・ベラミー・フォスターは、「資本主義の不可欠な成長命令」という概念を作り出し、資本主義が存続するためには、資本を継続的に蓄積し、産業予備軍を維持する必要があると説明している。このような考え方は、資源が有限である地球上では通用しない。アメリカの帝国資本主義が崩壊するのは、革命によるものであれ、時間によるものであれ、避けられないことなのだ。
結論

米国の資本主義は、家を出て、自分の家、光熱費、資源を手に入れることを期待されている若い労働者が、そうすることができない状況を作り出している。特に、経済的・社会経済的な飛躍の機会を与えられていない下層階級や労働者階級には、上昇志向の余地はほとんどない。米国の資本主義形態は機能しておらず、有限の資源しかないのに無限の成長を必要とするため、破綻するに違いない。

テイト・グリーン (Tate Green) 社会と政治をテーマにした比較的新しいライター。左派の理想を強く信じるが、右派の信念に賛同する部分もある。

参考文献

https://www.statista.com/chart/25574/living-wage-vs-minimum-wage-by-us-state/

https://www.statista.com/statistics/298852/minimum-wage-workers-in-the-us-by-age/

https://livingwage.mit.edu/resources/Living-Wage-Users-Guide-Technical-Documentation-2022-05-10.pdf (page 3, paragraph 1)

https://www.theguardian.com/commentisfree/2021/mar/13/american-dream-broken-upward-mobility-us

Fred Magdoff and John Bellamy Foster, “What Every Environmentalist Needs to Know about Capitalism” (chapter 3)

This post is republished from MR online incensed under CC BY-NC-ND 4,0 Int.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

fifteen + 8 =