サイバネティクスと革命 アジェンデとサイバーシン計画を偲ぶ

by Prabir Purkayastha

サルバドール・アジェンデの短期政権時代、ある革命的プロジェクトが、テクノロジー、とりわけ工場からの情報をリアルタイムで計画し、経済に介入するために利用しようとした。これは、知識とそれを生み出すインフラをめぐる闘争について、私たちに何を語りかけているのだろうか?

50年前、アウグスト・ピノチェトのクーデターにより、チリのサルバドール・アジェンデ政権と自由民主主義の構造は崩壊した。アジェンデはマシンガンを手に、アメリカと軍を含むチリの反動勢力の総力から社会主義を築こうとする彼の試みを守りながら死んだ。ベトナムやアフリカの解放闘争と並んで、チリが私たちを街頭での連帯へと導いたからだ。アジェンデとその政府が、テクノロジー、特にアジェンデが国有化した工場からの情報を、リアルタイムの計画や経済介入に利用しようとしたことだ。このプロジェクト-サイバーシン-は、工場現場の労働者からの直接的なフィードバックなど、社会的ニーズとテクノロジーを結びつけようとするそのビジョンのために、テック界で反響を呼んだ。サイバーシンの制御室は象徴的であり、後に直感的なグラフィック・ユーザー・インターフェースとして発展し、アップルなどの企業をマイクロソフトなどの不便なユーザー・インターフェースから差別化する先駆けとなった。

エデン・メディナとエフゲニー・モロゾフは、20年以上にわたってサイバーシン計画を探求してきた2人の著者だ。メディナの2011年の著書『Cybernetic Revolutionaries: Technology and Politics in Allende’s Chile』(邦題:サイバネティックスの革命家たち: アジェンデ時代のチリにおける技術と政治)は、当時のテクノロジーと政治の両方の文脈と制約をまとめている。チリとサイバーシンについて長い間研究してきたモロゾフは、最近『The Santiago Boys』という9部構成のポッドキャストをリリースした。このポッドキャストでは、プロジェクトの概要だけでなく、若い技術者、エンジニア、エコノミストたち(サンチャゴ・ボーイズ)とイギリスの情報技術者スタッフォード・ビアとの不平等な闘いと、ITTをはじめとするアメリカの多国籍企業、CIA、チリ軍、エコノミストたち(ミルトン・フリードマン率いるシカゴ・ボーイズ)というアメリカ軍の力との闘いも紹介している。彼はまた、サイバーシンを単に経済を管理・統制する方法としてではなく、未来の技術や生産の基礎となる知識をいかに開発するかという、より大きな文脈の中でとらえなければならないことを指摘している。

このような大きな意味での情報とは、新しい知識を生み出すことであり、したがって、特許制度をめぐる争いは知識をめぐる争いなのである。インドの特許制度は、1971年に制定された特許法によって、1911年に制定された植民地時代のインド特許法から大きく脱却した。エフゲニーは、サンチャゴボーイズ/学派のヴィジョンを、インドの私たちが自立に関して持っていたものと同じようなものだと言っています。輸入代替だけでは十分ではありません。依存からの脱却とは、新しい知識を創造することです。つまり、科学的、技術的な知識の進歩を産業と結びつけなければならないのです。特許制度の改革は、知識を創造するための条件を作り出すことができますが、それを産業界にもたらすということは、さまざまな形態の知識を、他の製品に組み込む単純なものから、非常に多くの部品を統合する必要のある複雑なものまで、製造製品につながる形で結びつけることを意味します。

モロゾフがポッドキャストや他の著作で取り上げていることの詳細には触れない。もしチリが自立への道を追求できていたら、どうなっていただろうかという一例を挙げよう。彼は、アレンデ時代のチリ生産開発公社(Corfo)が、チリ北部に半導体工場を建設することを任務とするナショナル・エレクトロニクス社を立ち上げた経緯について述べている。これによって、かつては硝酸塩と銅の単なる輸出国に過ぎなかったチリが、技術的に洗練された、開発ニーズを満たすことのできる経済国になることができたのである。このコラムをお読みの方は、インドがモハリに半導体コンプレックスを建設し、数年のうちにインドのチップ製造能力を当時の最先端チップの1世代か2世代以内に引き上げたことを覚えているだろう。そして、1989年の謎の全焼後、再建されることはなかった。そのため、私たちはチップ製造ではなく、チップのパッケージング工場を設立するための巨額の「インセンティブ」を世界に提供することになった。チリの場合、アメリカのクーデターがアジェンデ政権を崩壊させ、自立、つまり技術的自立という目標を放棄させた。インドでは、議会からBJPに至るまで、さまざまな政党の新自由主義勢力による自己目標が、自立の放棄につながった。

モロゾフはまた、サイバーシン計画の情報ネットワークと、ラテンアメリカの左派勢力や政府を妨害・暗殺したCIAの悪名高いプロジェクト「コンドル作戦」の情報・統制インフラとの不気味な類似性を指摘している。両者とも、データと情報を伝達する主な手段としてテレックスを使用し、当時のテクノロジーによって情報を得て、制限されていた。これは、テクノ・ユートピアや、技術の進歩が自動的に世界のあらゆる問題を解決すると信じている人々への警告の物語である。テクノロジーと科学の進歩は、現在、そして将来にわたって、私たち人間のニーズに十分なものを生み出す可能性を秘めている。しかし、そのような進歩は誰のものかという素朴な疑問に突き当たる。より正確には、私たちが社会として生産する人工物に埋め込まれた知識は誰のものなのか?生産手段は誰のものなのか。単にこれらの商品を生産する物理的なインフラだけでなく、知識を生産するインフラも誰のものなのか。ここで私たちは、国内的・国際的な階級闘争の現実に直面することになる。CIA、ITT(アメリカ資本と読む)、封建的・軍事的エリートによるアジェンデの打倒は、この階級闘争の本質を思い起こさせる。

もうひとつは、アジェンデ時代にはまだ黎明期であった情報技術の話である。フリーソフトウェアとインターネットはそれ自体で社会主義を導入し、技術を民主化し、ひいては社会を民主化する。サイバネティクスの父、ノーバート・ウィーナーは、その著書『サイバネティクス』(1948年)と『人間の使用(人間機械論)』(1950年)の中で、典型的なアメリカの世界における情報は特別な未来に向かうと警告していた。それは、売買され、取引される商品と化すということである。これは必然的に、共通善を促進するという人間の価値観と対立することになる。彼が書いたように、”進歩は未来に新たな可能性をもたらすだけでなく、新たな制約を課す”。ミロン・アミットは、この対立に関するウィーナーのビジョンと、情報を商品に変えることがいかに私的流用を可能にし、生命そのものに害を及ぼすかについて書いている。インターネットの出現によって情報ネットワークが大きく変化したとはいえ、情報とテクノロジーの政治は、依然として人と資本の対立である。

画像:サイバーシン・オペレーション・ルーム(Opsroom)の3Dレンダリング。経済情報を受信、保存し、迅速な意思決定のために利用できる物理的な場所。Photo: By Rama, CC BY-SA 3.0 fr, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=113829425

Remembering Allende and his Project Cybersyn” by Prabir Purkayastha

This article is reposted from Peoples Dispatch licensed under CC BY-SA 4.0.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

5 × five =