進歩同盟、グアテマラの「クーデター」糾弾 中道左派種の運動(セミラ)の大統領を司法当局が拒否

グアテマラで公選により大統領に選出された中道左派政党「種の運動(セミラ)」出身のアレバロ氏の就任を司法当局が拒否している問題について、国際的な政党連合の進歩同盟(Progressive Alliance)のアメリカ大陸地域組織は9月30日に非難声明を発表しました。

APLA声明 グアテマラで進行中のクーデターを阻止せよ

全地域の政党、財団、進歩同盟で構成されるグローバルな進歩同盟のアメリカ大陸地域プラットフォームであるAPLAは、セミラ運動のセサル・ベルナルド・アレバロ・デ・レオンが合法的な憲法上の大統領として勝利した総選挙の結果を無視しようとするマリア・コンセロ・ポラス司法長官が主導する行動を拒否することを表明する。

ここ数時間で、最高選挙裁判所が所持していた選挙結果の議事録の襲撃と没収を含め、進行中のクーデターを構成するこれらの不安定化行動は激しさを増している。

私たちは、グアテマラの司法・政治当局に対し、民意の尊重を保証するよう求めるとともに、この地域のすべての民主的政府に対し、選挙で選ばれた二院制への支持と、同国における憲法上の保障の堅持を表明するよう求める。

国際社会は、大多数のグアテマラ人の意思を反映した選挙結果を維持するために行動を起こさなければならない。

APLA加盟団体
アルゼンチン:社会党-自治体・地方研究センター;ブラジル:社会党ブラジル: ブラジル: ブラジル社会党; チリ: チリ: 社会主義者党 – 民主主義党; コスタリカ: コスタリカ: Partido Acción Ciudadana; メキシコ: メキシコ:Movimiento Ciudadano – Partido de la Revolución Democrática – Fundación de Estudios Políticos, Económicos y Sociales Progressistas; Nicaragua: ニカラグア:UNAMOS;パラグアイ:Partido País Solidario;ドミニカ共和国:República Dominicana: ベネズエラ: アバンザダ・プログレシスタ-カンビモス-MAS(社会主義運動)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

5 + 9 =