どうして米国でファシズムが足場を固めつつあるのか?

 テキサス州知事のグレッグ・アボットがクリスマスイブに、女性や子供を含む絶望的な移民をバスでワシントンのハリス副大統領宅に送るという政治的パフォーマンスを行ったことは、トランプ主義がトランプ抜きでも存在することのもう一つの証左でしょう。現代の多くの識者にとって、トランプ主義が広く受け入れられていることは、無数の共和党政治家が現在、超国家主義、法規無視、人種差別、性差別、マッチョな暴力呼びかけ、そしてもちろん権力維持のための力の行使といったトランプ氏の権威主義プログラムを公然と支持しており、アメリカにすでにファシズムの種が根付きつつあることを意味するのです。トランプ流のファシズムがどのようにしてアメリカ政治の一部として受け入れられるようになったかを理解することは、その広がりを食い止めるために不可欠です。

 マルクスが指摘したように過去の世代の伝統が生きている者の脳を支配するとすれば、アメリカのファシズムのルーツはその歴史的DNAの一部だと言えるでしょう。トランプ主義は、アメリカ先住民の大量虐殺、アフリカ人の奴隷化、移民の蔑視、ジム・クロウ法、何千人もの黒人リンチ、女性差別、反ユダヤ主義、同性愛差別があった”古き良き時代”の白人、男性、キリスト教徒のアメリカに戻ることを切望しているのです。ドナルド・トランプは、この歴史を恥ずかしげもなく眺めるだけでなく、アメリカ人にそれを称賛する許可を与えたのです。問題は、なぜこれほど多くのアメリカ人が彼の招待を受け入れるのか、ということです。

 アメリカ資本主義のグローバル化と組織労働者に対する闘いの勝利によって、労働者階級の人々は使い捨ての部品として扱われるようになりました。工場閉鎖、アウトソーシング、まともな賃金の労働専従職の消滅は、記録的なレベルの経済的不平等をもたらしてきました。超富裕層が数十億ドルの自家用ロケット船に乗って宇宙へ行く一方で、アメリカの成人の40%は緊急事態に備えるための400ドルも銀行に預けていないのです。サービス業やギグ・エコノミーの台頭に見られるように、経済の構造的な変化は、アメリカの労働者にますます大きなプレッシャーを与え、多くの労働者は福利厚生や雇用の保障なしに複数の仕事をすることで生き延びています。労働組合の衰退により、ほとんどの労働者は経済的・政治的利益を代表する主要な機関を持たず、制度的に裸同然となってしまいました。組織労働者という組織的な後ろ盾がないため、階級意識が薄れ、孤立し、不満を抱えた個人が自分たちの窮状を理解しようとするため、「各人が自分のために」行動するようになります。そこで、その隙間を埋めるように登場するのが、ケーブルニュースなどの現代の”インチキ薬売り”であり、被害者意識を煽り立てる人種差別的な暴言なのです。その嘘に活かされ、悲嘆に暮れる人々の多くは、偉大なる指導者の呼びかけに耳を傾け、男らしさと力を取り戻すために憲法修正第2条に身を包んでしまったのです。

 米国の平等主義的デモクラシーは、白人だけのためのジャクソニアン・デモクラシーを復活させるようとする激しい暴力的運動と向き合わなければなりません。トランプ主義は、人種差別の過去が提起した問題に取り組むよりも、我々の歴史の一部を書き換えることを望んでいます。共和党の支持層を煽るために作られた藁人形である批判的人種理論と称してアメリカ史の教育を攻撃したり、全米の” 少数派 “州で行われている出版禁止令を考えてみれば一目瞭然です。

 アメリカの人種差別の過去を認識することは、ファシズムの台頭を抑制するために不可欠ですが、それと同じくらい、わが国の驚くべきレベルの経済格差に対処する政策を打ち出すことが不可欠です。富裕層や権力者のための減税や銃刀法の廃止を主張する以外には、トランプ主義は公共政策にほとんど関心がありません。高給で安定した雇用がファシズムに対する緩衝材となるなら、工場閉鎖や海外投資を促す税法の改正や、組合の組織化や強化を促す労働法改革は極めて重要な意義を持つはずです。共和党員も民主党員も、企業の食い扶持を確保し続ける限り、憲政に代わる本格的なファシズム国家の可能性に直面しても、こうした改革はあり得ないでしょう。

This article is republished from ZNet under CC-BY-NC 4.0 Int.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

four × 4 =