制裁がオンラインで人権を損なうとき : 反対派や人権活動家がネットから遮断される危険

by Peter Micek, Esq.

 過去100年以上にわたって、制裁体制は、平和を脅かし、戦争を行い、人権を侵害する者を膺懲しようとする国にとって望ましい外交政策手段であり続けてきました。しかし、デジタル時代には、制裁を実施することで意図しない形で何百万人もの一般市民の基本的権利を制限してしまう可能性があります。にもかかわらず各国は、前世紀の冷戦に適した時代遅れのプロトコルを振りかざして、制裁の道を無謀にも進み続けています。基本的権利へのさらなる侵害を防ぎながら現代の制裁が目的に適うものとなるよう、各国当局、企業、市民社会のすべてが歩み寄らなければならりません。

2023年の制裁のあり方

 制裁が国家同士にせよ、あるいは個人や団体に対してにせよ、不正行為者とされる者を説得し強制し、その行為をやめさせるために制裁が行われます。その手段は、包括的な貿易禁止から標的を絞った資産凍結や渡航制限まで多岐にわたり、罰則も10億ドル規模の罰金や長期の懲役刑にまで及びます。9.11以降、後者の方がより効果的で巻き添えを食う心配がないとされ、国連人権高等弁務官も「標的制裁は住民に与える悪影響が少ない」と指摘しています

 本稿執筆時点で、米国は1万を超える個人および団体を制裁リストに載せており、EUや国連など制裁体制は全世界で30以上存在します。昨年だけでも、ロシア、ベラルーシ、イラン、マリ、北朝鮮といった国々に対して、新たな制裁が課されました。その中でも、ハイテク部門やスパイウェアなどの新技術・新興技術の輸出、販売、移転、整備、使用を対象とした経済・技術制裁は、デジタル著作権の観点から特に関連性が高いと言えます。

制裁レジームはどのように人権を危険にさらすか

 制裁は人権と民主主義の価値を高める意図で実施されることが多いですが、逆効果になることもあり、脆弱なコミュニティの権利と利益に悪影響を及ぼし、不均衡をもたらすこともあります。例えば、広範な経済制裁は、社会的・政治的・経済的権利の実現に不可欠なオープンで安全なインターネットアクセスを国民全体から奪い、デジタル化が進む人道支援を必要な場所で提供する能力を制限する可能性があるからです。その影響は海中にまで及びます。米国の対キューバ隔離政策により、海底光ファイバーインターネットケーブルは何十年にもわたってキューバに上陸することができませんでした

 また、標的制裁であっても十分な考慮がない場合には、人権への影響も懸念されます。例えば、ロシアのウクライナ侵攻後、市民社会は制裁によって市民権活動家、ジャーナリスト、反体制派を含むすべてのロシア人が意図せざる形で情報の自由な流通から孤立し、国家のプロパガンダや監視に対してさらに脆弱になることに警鐘を鳴らしました。米国英国を含むいくつかの国は、ロシアの人々がグローバルなインターネットへのアクセスを維持するための例外、または区分けを制定することで対応しました。米国政府は、オンラインツールやプラットフォームを利用して人権を行使する抗議者や活動家を支援するために、対イラン制裁体制に同様の例外を設けました。

 このような例外規定は、ハイテク企業や金融機関、その他の取引処理機関が、法律に違反することなく製品やサービスを提供し続けることができるという安心感を与えることで、より目的に合った効果的な制裁体制への一歩となるのです。しかし、このようなセーフガードを設けるために市民社会からの反発を受ける必要はありません。国家は長年にわたる人道的例外措置と並んで、インターネットアクセスのための保護をあらゆる制裁制度に組み込むべきです。一方企業もまた、規則を過剰に遵守したり、外圧に屈して法的に要求される以上のことをしたりしないように注意しなければなりません。その結果として意図せず人々が普段使っているデジタルライフラインから切り離され、安全性の低い海賊版や非正規ソフトウェア、あるいは監視や検閲の対象になりやすい政府公認のプラットフォームに頼らざるを得なくなる可能性があるからです。

 ロシアのケースでは、標的型制裁、企業の大量撤退、過剰なコンプライアンスが重なると、あっという間に事実上の全面封鎖になることを示しています。2022年3月、メルマガ配信システムのメールチンプは、ウクライナの人々への支援を示すためにロシアから撤退しました。しかし、彼らは著名な人権団体のアカウントを停止させ、ロシア政権が市民社会を黙らせるのを助けるという、行き過ぎた行動に出てしまったのです。

 多くのハイテク企業がロシア市場から突然撤退し、人権擁護者が外界から孤立した状態になったことは、国連の人権専門家からも非難されました。私たちは他の国々から、このような体制の影響が何年も続くことを知り、企業は新たに合法化された市場への(再)参入に消極的になっているのです。米国の対スーダン制裁は2017年にほぼ撤回されましたが、Google Play StoreとApple App Storeへのアクセスは依然として困難で、有料のアプリケーションやサービスにはほとんどアクセスできない状態が続いています。

制裁レジームを目的に適合させる

 現在、制裁レジームの背後にある意思決定プロセスは不透明であり、監視、説明責任、救済のためのメカニズムや、提案されている制裁の必要性に手段が見合っているかどうか企業や市民社会が助言するためのメカニズムはほとんどありません。制裁が人権侵害に光を当て、さらなる侵害を抑止するために有効であるためには、これらのプロセスは精査とフィードバックに対してオープンでなければなりません。制裁制度の設計と開発に関する政府、企業、市民社会間の協力と協議をシステム化することにより、銀行やハイテク企業が「リスク回避」イニシアティブに制裁対象の長いリストを無造作にコピーペーストすること、すなわちコンプライアンスのための「チェックボックス」運動を防ぐことができるのである。

 制裁レジームを目的に合ったものにし、巻き添え被害を抑えるために、すべての関係者が共通のコミットメントとスペースを持つには、国民全体を罰してコミュニティが情報にアクセスするのを妨げ、市民的空間を制限し企業が過剰に準拠するのを促す過度に大きな手段を放棄するよう、国家に要求する必要があるのです。ロシアのウクライナ侵攻とそれに続くプーチン政権に対する国際的制裁の強化から1年を迎えるにあたり、政府、企業、市民社会は、制裁レジームを通じて人権と民主主義の価値を推進するという共通の野心を支持し、足並みをそろえる必要があります。そうでなければ、益というより害を及ぼす危険性ががあるのです。

This article is republished from Access Now under CC BY 4.0 Int.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 × five =