「AIが利潤をもたらす」という資本主義の夢に代わるもの

by Sonali Kolhatkar

人工知能(AI)とそれが世界をどう変えるかは、最近よく話題になる。人々の生活を根底から覆すような、あるいは大衆の恐怖心を煽るようなプロパガンダを生み出すような、これまで以上に欺瞞的なイメージを生み出すのではないかという懸念がある。AIのますます高度な進化による人類滅亡という究極の恐怖もある。これらは妥当な懸念だ。

そして、AIが雇用にもたらす一見平凡な脅威もある。それは、「どの仕事がAIによって取って代わられる危険性が最も高いか」という見出しをつけた無数の記事の形で表現されている。

ほとんどのアナリストは、AIがグラフィックデザイナー、コピーライター、カスタマーサービス、テレマーケターに取って代わるだろうと予測している。これらのリスト記事の中で最もディストピア的なものは、AIに取って代わられる教師や心理学者に焦点を当てたものだ。

これらの記事は、人々が将来に備えることができるように、来るべき嵐を予測する意図で書かれている。しかし、見出しはクリックベイトとして意図的にデザインされており、自分の仕事が数年後にAIに取って代わられる可能性があるかどうかを知りたがっている読者による、恐怖に基づく記事の消費を煽っているようだ。実際、この記事のように、私自身の職業であるジャーナリズムがAIの矢面に立たされるような記事をいくつか見つけた。

「AIはあなたの仕事を奪うか」というフレーミングは、何世紀にもわたって働いてきたより大きな問題を見えにくくしている。それは、私たちの仕事、ひいては私たちの教育、キャリア、生活が、コストを最小化し利潤を最大化しようとする資本主義システムの気まぐれにいかに左右されているかということだ。

実際、AIがジャーナリズムの仕事を取って代わると警告したポリティコを所有するドイツのメディアグループのCEO、マティアス・ドープフナーは、ダーウィンの論理を用いて、「人工知能は、独立系ジャーナリズムを以前よりも良くする可能性がある」

「最高のオリジナル・コンテンツを創り出す出版社だけが生き残るだろう」。

 
そして、AIを批判する人々は、人間が生まれながらに持っている創造性や好奇心のために、AIが人間に取って代わることはあり得ないと反論するが、しばしば見逃されがちな点は、AIに取って代わる偉大な仕事に従事しているのは人間であり、ほんの一握りの人間であるということだ。彼らは、企業の役員室に座り、人間をAIに置き換えることで配当を最大化する計画について株主にプレゼンテーションを行うエリート集団の出身である。

我々が問うべきは、AIが人間に取って代わることができるかどうかではない。それは、なぜ一部の人間が、私たち一般人が就いている仕事をAIに取って代わろうとするのか、ということだ。さらに言えば、そもそもなぜ私たちは、自分の運命をコントロールできないような世界に生きているのだろうか?

AIは、仕事を自動化した他の技術革新と同様、単に生活を楽にする道具にすぎない。手洗いで時間を浪費する代わりに、機械で服を洗い、別の機械で食器を洗うことができる。グラフィックデザイナーはすでに、手で描く代わりにソフトウェアを使ってデジタルで画像を描いている。もしAIが特定の仕事をより簡単にし、私たちの時間をリラックスやレジャーのために解放してくれる一方で、私たちが同じかそれ以上の報酬を得ることができるツールであるなら、そうすればいい。しかし、企業の雇用主が私たちの給与を削減したり、私たちの仕事を完全にAIに置き換えたりすることは避けられないはずだ。それは、人間の幸福よりも利潤動機に依存するシステムにおいてなされる選択なのだ。

私たちが天職だと思っていることを、大企業は「労働市場」という巨大な車輪の歯車として扱っているのだ。この市場に対するAIの「破壊」という悲痛な予測は、このトレンド全体をほとんど自然現象であり、その軌跡は単に人間の手には負えないものであるかのように投げかけている。

しかし、AIが活況を呈しているのは、それが企業にとって大きな利益をもたらすからである。ある経済予測によれば、「人工知能(AI)市場は今後10年間で力強い成長を見せるだろう。1,000億ドル近いその価値は、2030年までに20倍の[2兆ドル]近くまで成長すると予想されている。」

AIはビッグビジネスであり、おそらく最大のものだ。AIが約束するディストピアは、規制のない資本主義の自然な終着点である。もし「カーテンの向こうの男」が私たちに取って代わろうと躍起になっているのなら、なぜ私たちはカーテンを引き裂いて彼に取って代わらないのだろうか?

そこで、私はChatGPTに次のような質問をしてみた: 「資本主義の経済モデルは人間の[幸福]を中心にしていますか?」長い回答の最初の一文はこうだった、

資本主義経済モデルは、その最も純粋な形では、人間の幸福を第一の目的として明確には重視していません。

ChatGPTは、「資本主義は、個人の経済的自由と自己利益の追求を強調し、それが全体的な経済成長と繁栄につながる」という信念を持っている。

ここでは 「信念」という言葉が重要だ。資本主義がすべての人の繁栄につながるというのは信仰の問題である。かつて一般に「トリクルダウン経済学」と呼ばれた宗教的熱狂が、資本主義の富の分配という幻想と現実が対立するシステムを支えている。

大まかな傾向を調べると、米議会予算局(CBO)は1979年から2019年にかけて米国における富の不平等が著しく拡大したことを明らかにした。超党派の分析に基づくCBOの報告書は、”分配の上位における市場所得の増加が、その間の所得不平等の上昇の大部分を牽引した “と結論づけた。言い換えれば、富裕層はより多くの富を蓄えたため、より金持ちになったということである。

また、「最下位5分位の世帯の間で移転率が高まると、移転はますます所得不平等を緩和した」という結果も出ている。この専門的な言葉は、単に人々が政府給付を利用したとき、彼らの所得が増加したことを意味する。と言っているようなものだ、

人々は給付を受けることで利益を得た。

政府がその代表である人々を直接助けるように設計されているシステムには、信念や信仰は必要ない。信念や信仰が必要なのは、資本主義経済がすべての人の繁栄を助けるという大嘘を支えるためだけだ。人々の繁栄を望むなら、そうすることができる。子ども税額控除の更新、民間医療を税金を財源とする「万人のためのメディケア(公的健康保険)」制度に置き換えること、社会保障給付の増額、黒人への賠償金の支払い、さらにはベーシック・インカムの保証など、さまざまな形が考えられる。どれも信仰に頼るものではない。人々を助けるように設計されているからだ。

私はChatGPTに尋ねた。「資本主義に取って代わり、大多数の人間の[幸福]と繁栄を保証できる経済システムとはどのようなものでしょうか?」と。マシンは、社会主義から 「資源ベース」の経済まで、5つの異なる選択肢を吐き出した。「資源の配分は、地球の資源の慎重な評価と持続可能な管理に基づく」。

AIでさえ、我々の生活を支配している現在のシステムに代わるものがあることを知っている。資本主義が私たちに取って代わることができるのなら、私たちも資本主義に取って代わることができるはずだ。

著者について

受賞歴のあるマルチメディア・ジャーナリスト。フリー・スピーチTVやパシフィカ放送局で毎週放送されているテレビ・ラジオ番組「Rising Up With Sonali」の創設者、司会者、エグゼクティブ・プロデューサー。近刊に『Rising Up: The Power of Narrative in Pursuing Racial Justice』(City Lights Books、2023年)。インディペンデント・メディア・インスティチュートのエコノミー・フォー・オール・プロジェクトのライター・フェローであり、『Yes!誌の人種正義・市民的自由の編集者。非営利連帯組織「アフガン女性ミッション」の共同ディレクターを務め、『Bleeding Afghanistan』の共著者でもある。また、移民権利団体Justice Action Centerの理事も務める。この記事は、Independent Media InstituteのプロジェクトであるEconomy for Allによって作成されました。

Replacing the capitalist dream of AI-driven profits” by Sonali Kolhatkar

This article is reposted from MM Online licensed under CC BY-SA 4.0 Int.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

8 − 1 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。