進歩同盟、ペルーにおける暴力的な弾圧を非難

進歩同盟(Progressive Alliance)の米州組織は16日、ボルアルテ大統領就任後のペルーで行われている暴力的弾圧を非難する声明を発表しました。

声明では、これまでに街頭抗議活動で45人が死亡、うち最大で1度の弾圧で17人が殺害されたことに触れ、政府治安当局の態度が変化しなければ流血の事態はさらに悪化すると指摘。民主的かつ進歩的な解決策を流すことができる対話テーブルの構成を緊急に要求するとしました。声明は、平和的デモの権利を含む人権の完全な行使を保証することは、この国が平和の枠組みの中で大きな課題に取り組むことを妨げる、長期的な武力対立の可能性を閉ざすものであると結びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

19 + 19 =