【1/14(土)】報告集会「クーデタから2年 ビルマの今」 在日ビルマ(ミャンマー)人コミュニティ主催 総がかり後援

クーデタから2年 ビルマの今

在日ビルマ人コミュニティの主催、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の後援で、1月14日(土)に報告集会「クーデタから2年 ビルマの今」が開催されます。

 ビルマ/ミャンマーで2021年2月1日、 軍がクーデタを起こし、 民主的な選挙で 選ばれたアウンサンスーチーさんら政府の閣僚や国会議員を拘束して権力を握っ て、まもなく2年になります。

 これに対し、広範な市民が抗議に立ち 上がり、「市民不服従運動」 (CDM) で抵抗してきましたが、 軍は無差別発砲による虐殺や逮捕、拷問などでそれを押しつぶ そうとしてきました。また、 都市から逃れた若者たちと多くの少数民族が連携し、 山岳地帯などで抵抗を続けていますが、軍は空爆や集落全体を焼き払うなどの攻 撃を行っています。その結果、すでに2000 人以上が死亡し、1万5000人が拘束され、 70人以上が死刑囚とされ、4人が処刑さ れました。

 国連の人権機関や世界中の人権NGO をはじめとする市民はこれに抗議し、ビル マ/ミャンマーの市民との連帯を示す行 動を続けていますが、 ロシアや中国は軍 に武器も提供し、日本政府はODAや経済協力を続けて軍に利益をもたらし続けて います。

 現地がどのような状況になっているの か、市民たちは国際社会に何を求めているのかを改めて知り、 日本の私たちが支援と連帯のあり方を考える機会として、報 告集会を開きますので、ぜひご参加ください。

ミャンマー国民統一政府(NUG)日本代表のソーバランティン氏があいさつ、在日ビルマ市民労働組合委員長のミンスイ氏、元外交官で市民的不服従運動家(CSM)のアウンソーモ氏、ジャーナリストの北角裕樹氏はどが登壇します。

1月14日(土) 14:00~ 総評会館(連合会館)2F大会議室 参加費無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

9 − nine =