【2/24(金)】総がかりなど『ロシアのウクライナ侵攻から1年。ウクライナに平和を!2・24日比谷野音集会&デモ』( #0224野音集会 )

『ロシアのウクライナ侵攻から1年。ウクライナに平和を!2・24日比谷野音集会&デモ』( #0224野音集会 )

ロシアによるウクライナ侵略開始から一年を迎える2月24日(金)に、さようなら原発・1000万人市民アクション実行委員会戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会は、『ロシアのウクライナ侵攻から1年。ウクライナに平和を!2・24日比谷野音集会&デモ』を実施します。

 この2月24日でロシアがウクライナに軍事侵攻し、戦争が始まってからまる1年がすぎます。 しかし、 戦禍はいまだに収まっておりません。

 先日の国連高等弁務官事務所の報告では、 この1年に戦争で亡くなったウクライナの民間人は、 子供 433人を含む7031人で、 実際にはもっと多い可能性があるとされています。 ウクライナとロシアの兵 士の死傷者は数え切れません。

 私たちは国連憲章と国際法を踏みにじり、 国際社会の批判も無視して強行されているロシアの侵略行為に断固抗議し、 戦火の中で苦しむウクライナの人々と、ロシアの中で戦争反対の行動を続けるロシア市民に連帯します。

 ウクライナでは民間施設も相次いで攻撃され、 ザポリージャ原発も危険にさらされ、戦術核の使用の恫喝まで行われており、事態は極めて深刻でひっ迫しています。

 わたしたちはあきらめることなく、 この蛮行に抗議の声を上げ、 ロシア政府に毅然とした態度で即時停戦と撤退を求めていく必要があります。

 同時に日本政府がこのロシアの非道な戦争に便乗して、 東アジアにおいて米国と結託し、「防衛3文 書」を改定し、「台湾有事」などさまざまな口実で軍事的緊張を煽り、軍拡と改憲の動きを強めていることも見逃せません。平和をのぞむなら、 対話で共存の道を探すほかありません。

 ウクライナに平和を! ともに声を上げ、 行動を起こしましょう。 これに便乗した一切の戦争準備に反対しましょう。

2月24日(金) 17:30開場 18:30~19:15 日比谷野外音楽堂 その後銀座デモ(鍛冶橋駐車場まで)

主催者はプラカード持参とマスク着用を呼びかけています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

five × one =