一般市民のためのオンライン民主主義プラットフォームの構築

素材 選挙 デジタル民主主義 ウェブ

 このエッセイの発行がまさに、ソーシャルメディア企業が人間同士の交流のための責任ある健全な構造として、その運営方法や見せ方についてますます厳しく問われている時期に行われるのは、まさに時宜を得たものです。 しかし、すべての、あるいはほとんどのソーシャルメディアプラットフォームの再構築を要求する強い声がなければ、私たちがオンラインで互いにコミュニケーションをとる方法やオンラインソースの使い方を根本的に変える可能性は、すぐには起こらないでしょう。 

 議会で非常に効率的に機能している民主的権力は、残念ながら一般市民よりむしろ大企業の利益からもたらされるものです。既存の社会・政治構造全体が、この企業権力を支持・保護し、彼らが我々の生活様式にインストールした消費と経済成長の世界観を完全に一致させています。したがって、我々のような懸念を持つ市民には、我々自身の声、我々の見解、アイデア、我々の提案……が政治プロセスひいては社会全体に伝える社会・政治構造が全くなく、これが我々の大きな問題なのです。

 民意よりも企業の利益が優先される利潤第一主義の茶番劇を終わらせない限り、私たちは常に経済的な不安定さを抱え、貧富の差が大きくなり、軍需産業とその国家が利益を得る戦争が絶え間なく続くでしょう。

 米国をはじめとする先進国の社会は、すべての国民が人間的成長を促進し、人間的発展を遂げることを主要な中核的価値観とするように再構築されなければなりません。この価値観の大転換には、政治・経済システムをはじめ、社会全体の再構築が必要不可欠です。国民は、企業が所有するメディアネットワークや非民主的なソーシャルプラットフォームを通じて、企業エリートによって世界観を植え付けられる余裕はもはやないのです。

 もし、一般市民のためのオンライン民主主義的な仕組み・構造を導入する必要性について私に同意する人がいるならば、彼らが政府と社会に対して真の民主的な力を行使し、企業利益や世界的拡大よりも人間やその発展や成長を本質的に重視する方法で、国内および海外の公共政策を変えて社会の方向を変える機会を日常的に持てるように、以下のエッセーを一般市民のためのオンライン、パブリック、民主的プラットフォーム/政治フォーラムの基本概念を推進する概要として使うことを了承します。


 人々が協力して社会を変える方法を知りたいと思う人にとって、私たちは今、かなり効果的にそれを行う手段を持っていることを認識することが極めて重要です。それはインターネットです。一般市民が社会全体に強力な発言力を持つような民主的な政治構造を構築するために、私たちが自ら行動し、資源をプールすることを阻むものは何もないのです。

 私たちは、関心のある市民が誰でも安全にアクセスでき、高度に建設的で有意義な方法で政治システムに参加できる、オンラインの民主的政治プラットフォームを確立する必要があります。このような民主的な構造は、本質的にパブリックなウェブポータルとなり、複数の機能をもたらすでしょう。例えば、すでに多くの国で成功している選挙での投票や、人々があらゆる問題について意見を述べ、その意見を記録・集計して役所がその結果を見たり分析したりできるようにするなどの基本的なことが挙げられます。

 政治的基盤は、帝国主義の真の歴史、社会が実際にどのように動いているか、新自由主義の本質、それがどのように始まったか、それが貧しい人々や労働者階級に与える破壊的影響、アメリカの歴史における階級闘争の歴史、我々の歴史を通じて達成された大きな社会進歩のすべてではないにしても、その背後にいた人々について人々が教育する場にもなりうるでしょう。このような歴史的な情報はすべて、伝統的な教育の中にはなかったものですが、一般の人々の理解を深め、何が可能かについての全体的な理解とアプローチを与えることによって、多大な奉仕をすることになるでしょう。

 しかし、この直接民主制プラットフォームの中心的な機能は、自由で民主的な人々が行うことのできる2つの最も重要な活動、すなわち、自分たちの住む社会について批判的に考え、合理的で政治的な議論を行うことを奨励、促進、促進することでしょう。人々は、社会的不公正や社会のシステム上の欠陥など、自分が情熱を傾けている共通の原因について集まり、グループ(または複数のグループ)をつくります。グループは基本的にオンラインのチャットルームの形をとりますが、非常に建設的で知的な方法で設定され、単に懸念を共有し始め、問題に対する論理的、妥当、実用的な解決策を実現するために自分の考えやアイデアを表現し始めるでしょう。この合理的な議論から、何らかの形でブレーンストーミングが行われ、常識的な解決策が生み出されるに違いありません。

 いったん最終決定された民衆の公式提案(おそらくpopと呼ばれる)は、その後、参加した一般市民によって投票され、多数決で可決されれば、特別審議のために議会に送られることになります。これが、アメリカの人々が真の民主主義の力を活用する方法であり、この国でそれが可能であれば。この国には多様性があり、政治的分裂が多く、気が散りやすいので、ブロードバンドアクセスがあるところならどこでもできるはずです。これはおとぎ話ではありません。これは現実であり、私たちはこれを実現することができるのです。

 各議員は、議会の主要な構成員とみなされる一般市民に対して、どれだけ応答的であったかに基づいて何らかの評価を受け、個人がプラットフォームにログインするたびに、最初に見られるものの一つが、下院議員や上院議員の評価となりましょう。この評価システムは、政治家に圧力をかけ、議員が常に国民の利益のために行動するための追加的な戦術となります。これこそ、公開されたオンラインの民主的な政治プラットフォームができることなのです。

 このような民主的な仕組みは、政治を大きく変えるでしょう。なぜなら、関心を持ち、活動する市民が達成できることには、基本的に限りがなくなるからです。私は、国民の声を記録し、集計し、グラフ化するオンラインプラットフォームについて述べています。これにより、政府のどの代表者もログインするだけで、有権者がその問題についてどう感じているかを確認し、特定の問題を解決するための具体的なアイデアや提案について学ぶことができるのです。もし国民の大多数が代表者の対応に不満を抱いているならば、国民はそのことを公表し、その議員の民主的な記録に載せることができるでしょう。

 学生、個人、企業、組織は、社会のために特定の機能または集合的な機能を実行するために、継続的に何らかのオンラインプラットフォームまたはWebサイトを確立しており、これは直接民主主義プラットフォームの構築とはすべての市民が恩恵を受けることができるプラットフォームであることを除いて違いはないでしょう。このプラットフォームに参加するためには、ある程度の時間とエネルギーが必要であることは言うまでもありませんし、それは当然のことでしょう。多くの人は、必要でないことでも時間を作ってやっているわけですから、人間の成長や発達を最も効果的に進める方法について、自分の関心や考えを述べる時間を作ることは、ぜひともやってみたいことだと思うのです。

 このような壮大な社会的プロジェクトに取り組むのに政府の許可は必要なく、ただやり始めればいいのです。主流メディアの有名人や、あるいは公益キャンペーンを専門に行う特定の組織が、オンライン民主主義構造の確立を促進するためのプレゼンテーションを作成することができれば、それは有益なことです。このような取り組みに関わる人は、既存の権力構造から何らかの反発を受けることを予期しておく必要がありますが、もし公開キャンペーンが非常に知的かつ戦略的に行われ、一般の人が試したり馴染んだりできるようにさまざまなプロトタイプが作られれば、プロジェクト全体のコンセプトが広まるため、権力者も考えを曲げることでしょう。

 このような運動の活動家のスローガンは、次のようなものです。すなわち、「冷静に、論理的な議論をしよう」。メディアから、批判的・論理的思考の重要性を軽視する声や、無謀で無責任だと非難する声が聞こえてきたら、それは既存の権力構造に亀裂が入る良い兆しでしょう。最後に、このチャレンジに挑む心の広いコンピュータ・プログラマーの皆さん、このパブリック・プラットフォームにキャッチーな名前を付ける時には、ノーム・チョムスキーにちなんで単に「NOAM」と名付けることを検討してみてはいかがでしょう。

On Establishing an Online Democratic Platform for the General Public” by J.J. Lawton. This article is republished from Znet under Creative Commons BY-NC 4.0 International.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two × 5 =