【1/24(火)】JCA-NETセミナー「twitterから連合型SNSへの移行の課題」ほか

通信NGO「JCA-NET」は、1月に次の3つのオンラインセミナーを開催します。

1月24日(火)19時から「twitterから連合型SNSへの移行の課題」
1月28日(土)15時から「防衛3文書をサイバー、デジタル監視社会の観点から読む」
1月31日(火)19時から「フォローアップ」

1 セミナー1:1月24日(火)19時から
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

テーマ:twitterから連合型SNSへの移行の課題
開催方法:オンライン

12月に連合型SNSとしてmastodonを紹介しました。twitterの混乱とユーザー離れは現在も続いており、非中央集権型のmastodonをはじめとする連合型(fediverse)と呼ばれるSNSのユーサーが急速に増えています。しかし、他方で、日本では、市民運動や社会運の活動家や積極的な情報発信者たちの間では、まだ大量の離脱といえる現象は起きていないようです。実際に、mastodonにアカウントを設置してユーザーにも、twitterとの違いや、使い方をどうすべきか、あるいは、twitterのようなフォローしたいアカウントがみつからない、投稿しても反応がない、など、様々な「?」がみられるように思います。このような現象の原因のひとつに、インターネットの言語環境の壁があります。英語、ドイツ語、フランス語などではmastodonなどからの発信が増えており、これが相乗効果としてtwitterからの引越しを後押していますが、日本語環境でのmastodonやfediverseからの市民運動などの発信が増えない限り、壁は崩れないでしょう。

SNSは、私たちが、その機能を理解して、積極的な発信者となることでしかよい方向での発展は見込めません。そのためには、メールでの発信やブログなどウエッブでの発信とSNSとの違い、そして、同じSNSでもTwitterなど多国籍企業の中央集権的なSNSとの違いを再確認しながら、mastodonやfediverseで発信するための基本的なノウハウを説明します。Twitterからの引越しを考えている方だけでなく、これまでSNSをやったことがない人でも十分簡単に始めることが可能ですから、ぜひこの機会にチャレンジしてみましょう。12月に参加できなかった方はこの機会に是非参加してみてください。

参考小倉のmasotdonのアカウント https://mastodon.social/@toshimaru

(EFF)Mastodonのアカウントの作り方とFediverseへの参加方法
https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…
https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…
(EFF) Twitterの “壁 “を取り払おう
https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…
(EFF)Fediverseは素晴らしいものになるかもしれない(もし私たちがそれを台
無しにしなければ)
https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…
TwitterがMastodonのアカウントを停止、リンクの共有を不可に声明
https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…
(Bèr Kessels)Fediverseは非効率的(しかしそれは良いトレードオフだ)
https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…
(Noema)MastodonはTwitterの単なる代替ではない
https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…
(Context)Twitter:まず、人権への影響を考える
https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…

2 セミナー2:1月28日(土)15時から
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

テーマ:防衛3文書をサイバー、デジタル監視社会の観点から読む
開催方法:オンライン
申し込み方法:このメールの最後をごらんください。

昨年暮に、政府は、国家安全保障戦略、国家防衛戦略、防衛力整備計画の3文
書を閣議決定しました。とくに、これらの文書の敵基地攻撃能力については、
従来の日本政府の憲法解釈を変えたことも含めて批判や議論が多くみられます。
他方で、この3文書が重点を置いている内容のひとつでもある「サイバー領域」
については、平和運動や反戦運動などにおいてもまだ十分な議論が出されてい
る状況にはないといえます。これら3文書では、非軍事領域を軍事領域に組み
込み統制しようとする発想が顕著です。私たちのコミュニケーションの基幹を
なすインターネット領域を「戦場」とみなして、戦争や国家安全保障の観点か
ら根本的な見直しを迫る内容になっています。海外においても国家安全保障領
域にインターネットが組み込まれることによって、事実上の言論の自由やプラ
イバシーの権利が制限される事態への危惧が人権・プライバシー団体から表明
されています。

9条の戦争放棄条項が制定された時代には、サイバー戦争は想定されていない
戦争形態でしたが、そうであるからこそ、今私たちとしては、サイバー戦争の
放棄とは何なのか、サイバー戦争に対するサイバー領域での反戦運動とはどの
ようなことなのか、サイバー領域における平和の条件とは何なのか、そして私
たちにできることは何なのか、といった議論をしていく必要があります。今回
のセミナーでは、議論のきっかけとして防衛3文書を「サイバー」のキーワー
ドを念頭に読み、批判の観点を参加者のみなさんと議論します。

参考
防衛3文書は下記。

防衛省のウエッブ
https://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/index.html

国家安全保障戦略について
https://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/pdf/security_strategy…

国家防衛戦略について
https://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/strategy/pdf/strategy…
概要
https://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/strategy/pdf/outline…

防衛力整備計画について
https://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/plan/pdf/plan.pdf

3 セミナー3:1月31日(火)19時から
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

テーマ:フォローアップ

毎月最後のセミナーは、その月に開催したテーマで議論し残した課題や、質問、
疑問などを出していただきながら、議論を深めます。また、過去に取り上げた
テーマで十分に理解できなかったり、取り組めていない課題などがあれば、こ
れらについても質問などしていただけます。JCA-NETのセミナーは、私たちの
ネット環境のライフスタイルを実践的に変えていくことができるように、取り
組みますので、何かひとつでも、これまでとは違うパソコンやネットの使い方
ができるように、皆で協力しあえるようにしたいと考えています。ぜひ、知恵
を出しあい、相互の協力と情報交換に参加してください。

これまでのセミナーで取り上げたテクニカルなテーマの一例
– Mastodonの使い方
– パスワード管理
– WordPressによるブログの設置
– Jitsiを使たオンライン会議
– 暗号化サービスProtonやTutanotaのメールサービス
– 機械翻訳の活用(DeepL)
– LinuxOSの導入と使い方
– ブラウザのプライバシー、セキュリティ設定
– Internet Archiveの使い方
– CryptPadの使い方
など。

なお、社会問題などのテーマについても質問や提案などお待ちしています

各回Jitsi-meetによるオンライン 初参加者はメールによる事前予約が必要(jcanet-seminar●jca.apc.org)

https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/253

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

five × four =