【12/16(金)】毎日5000万人利用するメタバース「ロブロックス」から見るZ世代・α世代 有料ウェビナー

「『ロブロックス』とそこから見えるアルファ世代消費」

デジタルメディア関連の専門ウェブマガジン「Media Innovation」は、12月16日(金)にウェビナー「『ロブロックス』とそこから見えるアルファ世代消費」を開催します。テーマは近年メタバースとしても注目されているオンラインプラットフォーム「ロブロックス」から見えるZ世代・α世代のありかた。

あらゆる表現を包含する新たなメディアプラットフォームとしてメタバースが注目を集めています。そんななか、既に世界で5000万人以上が毎日ログインし、メディア空間としても機能し始めているメタバースが『ロブロックス(Roblox)』です。 『ロブロックス』は、2006年に子ども向けゲームコミュニティとしてスタートしたサービスで、バーチャル世界の中で誰でもゲームを制作し、一緒に楽しむ事ができるなどの仕様が人気のプラットフォーム。子ども向けゲームコミュニティとしてスタートしましたが、現在の利用者の半分以上は13歳以上。アルファ世代を中心に、Z世代をも巻き込む形で使われる、利用者数では最大級のメタバースとして注目されています。

英語圏の子どもたちの間で定番のコミュニティとなったロブロックスは企業と消費者のエンゲージメントを高めるためのコミュニケーションスペースとしても、注目されています。すでに、NikeやGUCCI、Wal-Martなど大手ブランド企業がメタバース内のゲームやコミュニティサービスの提供を開始。ロブロックス側も今年9月には街中のビルボードやポスターを活用した広告サービスの展開を明らかにするなど、広告基盤としてのさらなる機能拡充続けていく方針です。

子どもでも利用可能な開発環境が用意されているため、ロブロックス内でゲームを作る、クリエイターやクリエイター予備軍の数は1000万人以上に達し、創出されたゲームコンテンツの数は5000万を超えます。クリエイターエコノミーの基盤としても注目が集まっています。ロブロックスは、メタバースを核にこれから広がる可能性があるアルファ世代消費を象徴する世界といえるかもしれません。

「メタバースとは一体何か?」そして“メタバースファースト消費”がキーワードとなる可能性がある「アルファ世代消費の動向」を知るためにも『ロブロックス』に注目する必要があるのではないでしょうか。

『ロブロックス』のこれまでの事業展開や、そこで今何が起こっているのか、さらにはメタバース内でプロモーションを展開する企業の動きも取り上げながら、メタバースに対するこれからのアプローチを考えてみたいと思います。

12月16日(金)18:30~19:30 ZOOMによるウェビナー 参加費500円 参加希望者は特設サイトから申込

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 × 5 =