【12/16(金)】新建連続講座「まちづくりの実践から見えてくるもの」地縁法人と現代総有(コモンズ)をテーマに オンライン有

新建築家技術者集団京都支部は、12月16日(金)に連続講座「まちづくりの実践から見えてくるもの」の第二回を開催します。テーマは「地縁法人町内会(地方自治法第260条の2)=コモンズ=現代総有(土地私有制の現代的止揚)を素材に」です。講師は自治体問題研究所顧問で酪農学園大学名誉教授の河合博司氏。

第1回(7・19)の報告とご助言を踏まえて 第1回配布資料の後半部分を中心にコモンズを活かした公営主義を中心とした自治体民主化をテーマに、現代的自治の主体形成への“飛躍”可能性と“公共”の今日的意義について報告させていただきます。

12月16日(金)18:30~20:30 会場は上京区笹屋町通大宮西入桝屋町601の「もえぎ設計」ZOOMミーティングID: 87124136181 パスコード: 297160 問い合わせは新建築家技術者集団京都支部事務局へ

参考 221216 2回連続講座「まちづくりの実践から見えてくるもの」新建web

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

6 − 6 =