【11/30(水)】総がかり行動『軍事費増やして生活壊すな!改憲反対!カルト癒着の政治をただせ、11・30in日比谷野音』( #1130日比谷野音 ) 集会&デモ

軍事費増やして生活壊すな!改憲反対!カルト癒着の政治をただせ、11・30in日比谷野音

戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会は、11月30日(水)に集会「軍事費増やして生活壊すな!改憲反対!カルト癒着の政治をただせ、11・30in日比谷野音」を開催します。集会後にはデモが予定されています。

 岸田内閣は臨時国会、通常国会で、軍事費のGDP比2%以上を目指して大軍拡をすすめ、日本の軍事戦略を「選手防衛」から「先制攻撃する国」へと転換しようとしています。

 米国のトマホーク巡航ミサイルまで大量に買い込んで、憲法違反の敵基地攻撃能力の保有を企てています。年末には国会のまともな議論もせずに、あたふたと戦争準備の「防衛」3文書(新たな国家安全保障戦略、防衛大綱、中期防衛力整備計画)を閣議決定で勝手に決めようとしています。

 一方、莫大な軍事予算のツケは一般庶民に回されてきています。増税と生活関連予算の削減でいのちと人々の生活が破壊されています。相次ぐ物価高もとで、働く者の賃金は上がらず、生活はますます苦しくなっています。

 政府与党の中からは無責任に「台湾有事」などが語られ、軍事増強が正当化されています。しかし、増大する東アジアの緊張の中で憲法第9条を持つ日本に求められているのは、外交でアジアの平和を実現する方策です。

 統一協会と癒着した安倍政治を継承する軍拡と改憲の岸田政権を世論の多数は支持していません。

 いまこそ、ともに「岸田内閣退陣!」の声を上げましょう。

11月30日(水)18:30~19:15 日比谷野音

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two × one =