【23春闘】検数労連 スト権確立 中央交渉で賃上げに臨む

港湾荷役における検数人の産別組合である全国検数労働組合は、機関紙「全国検数労連」725号(2月24日)で、2023年春闘の要求項目のすべてに関して89パーセント以上の高率でスト権を確立したと発表しました。

検数労連中央交渉団は、この高率で確立されたスト権を背景に、港湾産別などと連携しながら闘争を構築していくとしています。検数労連の次の春闘交渉は3月1日に控えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

6 + twelve =