【11/8(火)オンライン】全国消団連が学習会「ISO/COPOLCO(国際標準化機構/消費者政策委員会)の動向と、主婦連合会の新規国際規格提案の現状」

ISO/COPOLCO(国際標準化機構/消費者政策委員会)の動向と、主婦連合会の新規国際規格提案の現状」

全国消費者団体連絡会(全国消団連)は、11月8日(火)に学習会「ISO/COPOLCO(国際標準化機構/消費者政策委員会)の動向と、主婦連合会の新規国際規格提案の現状」を開催します。ZOOMを利用したオンライン学習会として行います。同連絡会国際活動専門委員会が主催。

 講師として、松本恒雄・国民生活センター顧問、川村真紀子・主婦連合会会長が登壇します。

 COPOLCO(消費者政策委員会)とは、国際標準化機構(ISO)の理事会の下に設けられた組織です。様々な国際規格について消費者の視点から、規格化の必要性や消費者の有益性などが検討されています。
 今回は、長年日本の団長を務められてきた一橋大学名誉教授の松本恒雄さんより、標準化や規格化を進める中で消費者の権利を守るCOPOLCOの役割と、最近の動向を報告いただきます。
 また、新規国際規格として提案され、現在も規格化が進められている実践事例として主婦連合会会長の河村真紀子さんから報告いただきます。ぜひご参加ください。

11月8日(火)18:00~19:00 11月4日までに専用フォームから申込

参考 【企画案内】11月8日「ISO/COPOLCO(国際標準化機構/消費者政策委員会)の動向と、主婦連合会の新規国際規格提案の現状」〔Zoomを活用したオンライン学習会〕全国消費者団体連絡会

(画像は全国消団連ウェブサイトより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

9 − six =