民青同盟委員長、ロシアのウクライナ侵攻について談話

 日本民主青年同盟中央委員会の西川龍平委員長は24日、ロシアのウクライナ侵攻について以下の談話を発表しました。全文を掲載します。

 2月24日、ロシアはウクライナに侵攻を開始しました。ウクライナの主権と領土を侵し、国連憲章と国際法を踏みにじる紛れもない侵略行為です。最も強い言葉で非難します。

 プーチン大統領は今回の軍事行動について、ウクライナ東部地域の「要請」を受けたもので、国連憲章第51条の「集団的自衛」だとしています。しかし、ロシアが一方的に「独立」を認めた地域・集団との集団的自衛など国際法上ありえない暴論です。

 また、プーチン大統領は、ウクライナの「脱軍事化、脱ナチス化」を進めると述べ、東部にとどまらず、ウクライナ全土でロシア軍を展開させています。ウクライナを独立国・主権国家として認めない道理のない態度です。

 また、プーチン大統領は、この侵略行為にあたって、ロシアが核兵器大国であることを誇示し、欧米の批判や制裁の動きに対抗する姿勢を見せています。核兵器による威嚇は、今日の世界において決して許されるものではありません。

 ウクライナの青年・国民の命が奪われ、暮らしが破壊されています。世界・日本中の青年・国民が怒りと不安を募らせています。ロシアはただちに軍事行動を止め撤退させるべきです。国際社会がロシアのウクライナ侵略反対の一点で団結し侵略を止めさせることを呼びかけます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

six + twenty =