【6/18】ウクライナ難民支援から学ぶ「憲法25条守り生かそう」学習会をYouTube配信 社保協など

 中央社保協など複数の団体でつくる「憲法25条を守り、活かそう共同行動実行委員会」の主催で6月18日(土)に「憲法25条を守り活かそう6・18学習交流集会」が開催されます。テーマは「ウクライナ難民支援から学ぶ コロナが改めて明らかにした社会保障制度の問題を交流」。YouTubeで配信されます。

 AAR Japan[難民を助ける会]の大室和也氏が登壇し、「ウクライナにクラス人たちの現状 難民支援から見えてくること」と題して講演します。その後、「コロナが改めて明らかにした社会保障制度の諸問題」をテーマに意見交流が行われます。

 講演資料は中央社保協のウェブサイトに掲載されています。

「憲法25条を守り、活かそう共同実行委員会」構成団体

きょうされん、福祉保育労、全障協、いのちのとりで裁判全国アクション、全生連、日本高齢期運動連絡会、中央社保協

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

13 − thirteen =