カナダ:労働組合をつくる? そのためのアプリがあるんです

デジタル時代の今日、良くも悪くもあらゆることに「そのためのアプリがある」時代になりました。カナダでは、労働組合を組織するためのアプリが試用されはじめたといいます。テクノ・ソリューション万能主義への警戒だけでなく、労働者の利益のための技術の利用が問われています。

Organizing a Union? Yes, There’s an App for That. – Jacobin

https://jacobin.com/2023/01/organizing-unionization-app-tech-card-check-laws-canada-british-columbia/

匿名技術を用いながら組合結成促進を図るアプリ「YouIn?」はカナダ・バンクーバーのスタートアップ企業が開発、現在ブリティッシュ・コロンビア州の労働組合と提携しながらベータ版を運用しています。アプリは、労働者が同僚に匿名で招待メールを送り、組合に参加するかどうかを尋ねることができる設計になっています。

組合結成を問うカナダの労働法上の投票もこのアプリ上で匿名のままでき、賛成多数の場合はプラットフォームがそのことをデジタル認証によって証明します。カナダではでは、職場の多数の同意がなければ労働組合が結成できない「カードチェック制度」という米国と類似の規制があります。このアプリは、組合が成立するのを阻止しようとする資本側の策動に対抗できる武器になりえると考えられています。

一方でカナダの政治学者のDavid Moscrop氏はこのアプリの欠点として、組合結成が必要以上に地下に追いやられる可能性や、職場内討議による支持のとりつけができないなどの問題をJacobin誌で指摘しています。

組合結成は労働者が組織化され、資本側と拮抗する力関係を構築すること。組合結成アプリの有用性は、現実にどのように組合が結成されるかが明らかにするでしょう。「YouIn?」が労使関係のゲームチェンジャーになる日はくるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

5 × one =