マーストリヒト条約発効30周年に際して欧州共産党・労働者党イニシアチブが声明

欧州共産党・労働者党イニシアチブ

欧州議会に議席を持つ政党連合である欧州共産党・労働者党イニシアチブは、2023年にマーストリヒト条約発効から30周年を迎えるに際してこのほど声明を発表しました。

声明では、マーストリヒト条約とその発効によって欧州連合が誕生してから30年間が経過して、結果として独占資本の支配の強化と他の軍事ブロックとの軍事的緊張を大きく激化させたことを強調し非難しています。欧州連合内での緊張と、ロシア、米国、中国などといった対外緊張がウクライナでの戦争を引き起こしたこと、また人民を犠牲にしたグリーントランスフォーメーション(GX)やデジタルトランスフォーメーション(DX)の強行における大資本への利益誘導などの反人民的政策を非難しました。その上で、欧州連合が人民の要求と利益にかなう世界のために、資本主義体制に奉仕するEUに対する闘いを続けていくと締めくくりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two + 19 =