米:進歩的左翼が維持するニューヨークの制度的人種差別 : 有色人種女性が支える24時間介護

NYC - Battery Park City: Nelson A. Rockefeller Park - The Real World

 かつてアメリカの労働者は職業や背景を越えて団結し、8時間労働制を実現するために闘いました。今日、多くの人が労働運動の弱体化を嘆き、しばしば組合や労働者から力を奪う右派の攻勢が指摘されます。ニューヨークの24時間勤務に反対する闘いは、1199SEIU(国際サービス従業員労働組合1199支部)という組合と一部の社会主義者を含む進歩的左派の人種差別が、労働者階級の状況を悪化させる原因でもあることを物語っています。

 この8年間、有色人種の移民女性在宅介護労働者は、24時間勤務を廃止するために闘ってきました。雇用主は移民女性に、病気や障害、高齢の患者の世話、患者の持ち上げ、調理、掃除などの24時間シフト勤務を、何日も不眠不休で強制してきたのです。華人計画協会(Chinese-American Planning Council; CPC)で働くメイ・クム・チューは次のように語ります。「私の最初の患者は多くの病気を持っていました。CPCは、床ずれを防ぐために毎晩90分ごとに体を寝返らせるようにと言いました。ある日、転倒を防ぐために入浴を介助していたところ、手首を痛めてしまいました。半年間働けませんでした。2人目の患者さんからは、1~2時間おきに夜通し呼ばれ、疲れ果てました。シャワーで滑ってケガをしました。その後も仕事を続けましたが、結局怪我と痛みに耐えられず退職することになりました。辞めざるを得なかったんです」。チューは、24時間労働の暴力によって、病気や障害を負った無数の労働者のひとりです。

 24時間勤務は、ニューヨーク市では有色人種の移民女性にのみ一般的なもので、ニューヨーク州北部では24時間ケアを2~3シフトに分けて行います。ニューヨークでは、雇用主は何千人もの移民女性ホームケアワーカーを徹底的に搾取し、24時間シフトしかない、嫌なら他の人がやると言います。24時間シフトの場合、訪問介護事業者は13時間分の賃金しか違法に支払わないことで、最大限の利潤を引き出しているのです。州法では、労働者が連続5時間の睡眠をとらない限り、雇用主は24時間分の賃金を支払う義務があり、患者のために、介護は最大12時間のシフトに分けなければならないと定められています。しかし、法律を徹底しようとしない政府の人種差別主義によって、賃金の略取と24時間勤務が続いているのです。労働者は、超搾取された人種的下層階級を背景に産業全体を支える、この国家主導の体系的人種差別と闘ってきたのです。

なぜこの人種差別が進歩的なニューヨークで続いているのか?

 ニューヨーク州の民営化された在宅介護産業では、公的メディケイド(健康保険)が保険会社を通じて流れ、その会社は在宅介護業者と結託して労働者を収奪しています。驚くべきことに、1199SEIUと多くの選出議員は労働法を遵守させたり公的資金をきちんと処理させたりするために闘うのではなく、左派からの人気を利用しながら、雇用者が法律を違反し移民女性を人質に取るのを助け、保険会社が州政府からもっと金を受け取らなければ経営側ができることは何もない、と言っているのです。

 彼らは、経営者たちは地域社会を助けているのだと言っています。Mei Kum Chuの雇用主であるCPCは最大の在宅介護機関の一つですが、労働者が24時間働いたことを記録し賃金を要求したところ、「行政を欺いた」として移民女性労働者を投獄すると脅したことがあります。CPCは移民を支援し、ブラック・ライブズ・マターを支持しているとされているのに。進歩的な議員であるYuh-Line Niouによれば、CPCが女性を虐待していることを非難することはできないといいます。

 貧しい女性労働者が仕事を欲しがるなら、雇用主を維持するために賃金と健康を犠牲にしなければならない、と言うのです。1199SEIUのメンバーである在宅介護労働者は、2015年に賃金の不払いで使用者を訴え始めました。しかし、1199が介入し、強制的な仲裁に追い込みました。今年、1199は「歴史的な」階級融和的仲裁裁定を喧伝し、使用者は労働者1人あたり250ドルを支払うことで罪を帳消しにできるようになりました。使用者は24時間のシフトごとに11時間を盗み、非組合員労働者は裁判でシフトごとに最低5.5時間を勝ち取ったが、1199の和解は組合員が支払うべき金額の0.5%、つまりシフトごとに約3分しか回収していません。業界を崩壊させてはなりません。

 彼らは、「社会主義」には事実上有色人種の女性が死に続けることが必要なのだ、と言います【訳注:ここでいう米国の「社会主義」は、社会保険制度の整備、国民皆保険や国民皆年金のような政策を差す】。在宅介護労働者の組織化により選出された議員たちは、24時間勤務の禁止や分割勤務を義務付ける市や州の法案を提出しました。共和党を含む議員の大多数は、市の法案を支持しています。しかし1199は両法案に反対するロビー活動を展開しています。サンドラ・ウン議員(進歩派)とアレクサ・アビレス議員(DSA民主社会主義者)も反対しています。彼らは労働者とは異なり、保険会社や在宅介護機関の財源を満たすためにより多くの州予算がおりるのを待って、正しい方法で24時間労働を終わらせたいのだ、と言っています。彼らは有色人種の女性が大嫌いで、自分たちの人種差別と性差別をカバーするために「社会主義」が必要なのでしょうか? 社会主義が嫌いで、24時間労働でその名を永遠に汚したいのでしょうか?

 移民女性たちは、人種差別的な暴力――壊れた体、慢性疾患、在宅介護者の姉妹のあまりに多くの死――について大々的に叫んできました。これに対し、1199と左派選出の議員たちは、24時間勤務を維持することで、移民女性だけでなく、すべての労働者を傷つけています。これらの労働貴族たちは、過酷な搾取を強化します。最下層にいる有色人種の移民女性は人間以下であり、他のすべての人々はそう遠くないうちに引きずり降ろされるのです。一日の労働時間の長さや労働条件の非人道性を制限することを拒否することによって、彼らは私たちを互いに競争させ、より悪い仕事、より多くの仕事を奪い、私たち全員から搾り取ろうとします。在宅介護労働者が24時間勤務を受け入れざるを得ないように、ほとんどの職種の労働者は、少しでも仕事が欲しいなら、自分を殺すような長時間労働をますます強いられるようになっているのです。

 移民の女性在宅介護労働者は、労働者階級を分断し抑圧する制度的人種差別との闘いを主導しています。彼らは人間以下のゴミとして扱われることを拒否しています。彼らは、雇用主によって行われ、国家によって公認された暴力に対して団結するよう、すべての働く人々に呼びかけています。労働の対価を多く要求するだけでは十分ではありません。私たちは休息、健康、時間を要求しなければなりません。真の社会主義者は、訪問看護ステーションや保険会社の「進歩的」「社会主義的」な手先を非難し、訪問看護労働者とともに、24時間労働という人種差別的暴力を終わらせるために立ち上がるべきです。もし私たちが在宅介護労働者とともに24時間勤務という人種差別的暴力を終わらせないならば、私たちは最も弱い立場の労働者を見捨てることになり、これは労働組合や労働運動、進歩的政治家には許されないことです。

The Progressive Left is maintaining systemic racism in New York City” by Kathy Lu and Sarah Ahn, organizers with the Ain’t I a Women?! Campaign.

This article is republished from MR online under CC BY-NC 4.0 Int.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

seventeen − 10 =