【12/9(金)】第28回社会政治研究会 松谷満氏「有権者から見たポピュリズム」藤田奈々子氏「福祉国家への信頼はいかに生まれたのか」

政治学者・社会学者らによる社会経済研究会と、研究プロジェクト・科研費基盤(A)「『資本主義と民主主義の両立(不)可能性』の政治理論的研究」の研究者共催による、第28回社会政治研究会が12月9日にオンラインで行われます。

第一報告は中京大学・松谷満(著書『ポピュリズムの政治社会学 : 有権者の支持と投票行動』東京大学出版会, 2022年)「有権者から見たポピュリズム――支持と投票行動の分析から」、第二報告は名古屋市立大学・藤田奈々子(著書『社会を作った経済学者たち : スウェーデン・モデルの構想から展開へ』名古屋大学出版会, 2022年)「福祉国家への信頼はいかに生まれたのか――スウェーデン社会への経済学史的アプローチ」

12月9日(金)17:30~19:40 ZOOMによるオンライン開催。参加希望者は前々日までに専用フォームで申込。

参考 第28回社会政治研究会の御案内(2022年12月9日)社会運動論研究会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7 + 6 =