ラテンアメリカのフェミニストたちは、2023年も中絶の権利のために闘い続ける

 昨年、米国の保守派が最高裁で中絶に対する憲法上の保護を取り除くよう主導した一方で、ラテンアメリカとカリブ海諸国のフェミニストたちはいくつかの政府を反対の方向に動かしました

 しかし、このような進歩的な変化の背後にある強力な運動は、2023年には、苦労して勝ち取った権利を守り、国によって異なる中絶政策の格差を克服するなど、困難な課題に直面しています。

 フェミニストたちは「永久に争われ続ける権利」を守っているのだと、Giselle Carinoは語ります。アルゼンチン人でニューヨークを拠点とするCarinoは、性と生殖に関する権利団体の国際組織であるFòs FeministaのCEOを勤めています。

 「フェミニスト運動は常に闘争の先頭に立ち、達成された変化を持続させるものだからです」と彼女は付け加えます。

中絶の権利を勝ち取ったのは……

 2020年、アルゼンチンで中絶が合法化されました。その2年前にアルゼンチンで生まれた「グリーンウェーブ」運動の勝利です。中絶活動家が身につけていた緑色のバンダナにちなんで名付けられたこの運動は、今や世界中の、特にラテンアメリカのフェミニスト運動に新しいエネルギーを吹き込む大衆現象となりました。

アルゼンチンでの成功に続いて、この2年間、メキシコの中絶活動家たちは、女性と少女が子どもを産むかどうかを選択する行為能力と権利を法的に認めるよう、8つの州を動かすことに成功しました。

 このうち3つの勝利は2022年にもたらされ、現在、同国32州のうち合計10州が、一般に第12週または第14週までの中絶を認めています。また、活動家たちは2021年に、最高裁が中絶の犯罪化を違憲とする画期的な判決を勝ち取りました。

 「私たちが望む未来は、私たちの闘いが法的にも社会的にも前進し続けることです」と、Legal Abortion Mexicoの創設者であるFanny Gonzálezは語っています。

 コロンビアでは、2月に憲法裁判所が24週までの中絶を非犯罪化する判決を下した背景に中絶擁護派の存在がありました。全国から集まった100以上の団体と数千人の活動家からなる統一運動「Just Cause」は、証拠に基づく主張を裁判所に提出し、同国における中絶の法的・社会的地位を変えることに貢献したのです。

 昨年11月にはプエルトリコで、中絶権活動家たちが、中絶へのアクセスを制限し、中絶した人を罰することを目的とした4つの法案を議会で否決することに成功しました。

しかし、まだ残る禁止や制限も

 ラテンアメリカとカリブ海諸国のフェミニストにとって、すべてが順風満帆であったわけではありません。

 中絶活動家は、女性を自分の体について決定する能力がないと見なし続ける抑圧的な制度をまだ変えることができないでいます。ラテンアメリカとカリブ海諸国の生殖年齢にある女性の約83%が、何らかの制限的な中絶法のある国に住んでいるのです。

 ドミニカ共和国、エルサルバドル、ハイチ、ホンジュラス、ジャマイカ、ニカラグア、スリナムでは、中絶が完全に禁止されています。エルサルバドルでは、女性が流産や死産をした場合、最高で50年の禁固刑に処される可能性があります。ホンジュラスでは、毎日3人の14歳以下の少女がレイプの結果、母親になっています。彼女たちは中絶を許されていません。

しかし、性と生殖に関するサービスを提供するドミニカのNGOプロファミリアのコミュニケーションディレクター、インディアナ・ヒメネスが説明するとおり、これらの国の多くでは、中絶の権利は「女性にとって必ずしも主要な優先事項ではありません」。彼女たちは、「水や食べ物、仕事へのアクセス、家族内での残忍な家庭内暴力」といった日々の問題に対処しなければならないと彼女は語ります。

 このような状況において、「真っ先に優先され、すべてをカバーするのは、包括的な性教育を教えること」だと、彼女は言います。

 ベリーズ、ボリビア、ブラジル、コスタリカ、エクアドル、グアテマラ、パナマ、パラグアイ、ペルー、トリニダード・トバゴ、ベネズエラでは、中絶は限られた状況で、最も一般的には女性の健康や生命が危険にさらされるときに許可されています。

 トリニダード・トバゴのフェミニストで、カリブ海でジェンダー正義を推進するNGO、フェミニット・カリビアンに所属するシャネル・ベアトリスは、「望まない妊娠は、男性や家族による学校の中退、家庭内虐待、経済的虐待、精神的虐待を助長します」と述べています。

 「合法的な中絶に手が届かないことは、不妊や失業、児童虐待、精神疾患、死の原因にもなっています」とベアトリスは付け加えました。

法律だけでは不十分

 過去10年間に、より進歩的な性と生殖に関する法律へと移行した国々においてさえ、フェミニスト活動家は、身体の自律性と男女平等を守るために警戒を怠らない必要があります。中絶ケアの受け入れ可能性、アクセス、質を確保するためには、政策だけでは十分ではありません。

 アルゼンチンは、苦労して勝ち取った権利を抵抗して守らなければならない国の一つです。数十年にわたる闘争の末、フェミニストは2020年12月に14週目までの中絶を合法化することに成功しました。

 当時は大勝利でした。しかし今、コロンビアのより進歩的な新しい規則を考えると、アルゼンチンの14週という時間枠は短すぎるように思われます。そして2年後、その中絶法の施行は、社会的、文化的、経済的、さらには地理的な背景によって大きく異なり、ばらつきがあるのです。

 Fós FeministaのCarinoは、「私たちは、たとえ勝利することがあったとしても、アルゼンチンや世界の他の国々で私たちが抱えており、今後も抱えている主な課題は、公共政策によってもたらされた進歩を維持することであることを知っています」と述べています。

 医師であり、フェミニスト活動家であり、コロンビアの「Just Cause」のスポークスパーソンであるAna Cristina Gonzálezは、これに同意しています。「私たちは、女性の決断を正当化する環境を作る必要があります…… 可能な未来(中絶の戦い)は、この決断を維持し、医療サービスや市民の間でより多くの人々に根付くようにすることです」と彼女は語っています。

 「私たちは大きな文化的な戦いに直面しています。私たちは、賢明な方法で、(中絶の)理由を示し、議論をしなければなりません。人々は変容することができます」と彼女は付け加えました。

 2012年に南米で初めて中絶(12週まで)を合法化したウルグアイの性と生殖に関する権利擁護者たちは、女性の権利を保護することの重要性を強調しています。

 過去10年にわたって、彼らは法律の実施を監視し、中絶アクセスに対する障壁を糾弾してきました。アクセシビリティは特に農村部での問題であり、そこでは医療センターが少なく、医療従事者は良心的拒否を理由に中絶を拒否しています。

 また、医療の質も様々で、情報や評価も不十分だと活動家は言っています。

 2020年、ウルグアイは15年ぶりに保守政権を選出しました。ルイス・ラカジェ・ポー大統領は就任直後、政府が「プロライフのアジェンダ」を持っていると述べました。それ以来、中絶活動家にとって「抵抗することが英雄的行為になった」と、フェミニスト団体「ウルグアイの女性と健康」の創設者であるリリアン・アブラシンスカスは述べています。

 アブラシンスカスは、政府の人々が「人権やジェンダー暴力の概念を相対化し、フェミニストや性の多様性を外国勢力に影響された不安定化させる存在とみなしている」と述べています。

 「私たちは、地域や国際的な組織や利害関係者の目に触れない、絶対的に不利な状況で抵抗しているのです」と彼女は強調しました。

いきすぎ? 拙速すぎ?

 2022年の初め、コロンビアが中絶を非犯罪化していた頃、チリは中絶の権利を含む性と生殖に関する権利を基本的なものとし、国家が保証することを明記した新憲法を起草中でした。

 しかし、9月に行われた国民投票では、新憲法の採択は否決されました。この決定により、レイプや胎児の生存不能、女性の生命に危険がある場合にのみ中絶を認めるという2017年の法律が、依然として効力を持つことになったのです。

 一方、ブラジルの10月の劇的な選挙では、極右の現職ジャイル・ボルソナロと左派の元大統領ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバが対決しました。ルーラは選挙期間中、中絶反対派であることを保守的な有権者にアピールし、勝利しました。そして、1月1日にブラジル大統領に就任したのです。

 「フェミニスト運動の最大の課題は、力を合わせ、私たちの国でなされた進歩の逆転を防ぐための明確な戦略を持つことです」と、フェミニストNGO「ボリビアを決定する権利のためのカトリック」のディレクター、Ana María Kudelka Zallesは語っています。

 「しかし我々はまた、本当に全人口に届くような、はるかに革新的なコミュニケーション行動を通じて、人々を獲得し魅了する必要があります」。

This article is republished from openDemocracy under CC BY-NC 4.0 Int.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

nineteen − seventeen =