ファシズムをその名で呼ぶ : ルーマニアにおける急進右派の興隆と抵抗する左派のオーガナイズ

編注

この文書の初出はフランス語圏のウェブサイトCourrier des Balkans (CdB)がブカレストで行った活動家Adina MarinceaVeda PopoviciへのインタビューをCdBが仏訳・公表した記事です。当ページは、当該記事を英語圏のウェブサイトLeft Eastが英訳・再編集したものを日本語に重訳したものです。

Courrier des Balkans:最近、ルーマニア、ウクライナ、ロシアにおけるファシズムについてのセミナーを開催されましたね。ルーマニアでは今、ファシズムが台頭しているとお考えですか?

Adina Marincea:私たちが今目撃しているのは、AUR [Alianţa pentru Unitatea Românilor, ルーマニア統一連合] が2020年に国会入りして以来の歴史的瞬間です。これは、戦間期のファシストの遺産、より正確には、激しいファシスト運動だった鉄衛団運動が復活し、国会政党として確立できた最初の政党なのです。2020年以前にも、この遺産を主張したり、ファシストの象徴や儀式を用いたりする草の根運動はあり、例えば、かつてのファシスト指導者の記念式典が毎年行われていました。だから、これは突然出てきたわけではなく、彼らは常にそこにいたのです。しかし、2020年まで、彼らは権力のメインストリームにアクセスすることはありませんでした。確かに、以前は極右のPRM(Partidul România Mare、大ルーマニア党)がありましたが、戦間期のファシズムと結びついた歴史的遺産を主張していたわけではありませんでした。

CdB:これは政治の現実にどう反映さているのでしょうか?

Adina:今日、AURはファシストの指導者たちを完全に復権させています。彼らは基本的に歴史を書き換え、戦犯、ホロコーストに関わった人々、鉄衛団運動の人々の名前を消し去っているのです。彼らは、共産主義に反対したために社会主義国家によって有罪判決を受けた人々を英雄として描くために、「監獄の聖人」崇拝を強化していますが、反共レジスタンスの「監獄の聖人」の多くは鉄衛団運動で非常に活発に活動していた急進的な反ユダヤ主義者や超国家主義者でした。

 例えば、AURの上院議員であるSorin Lavricのような人がいますが、彼の議会での役割は、こうしたファシストの人物を名誉回復させることです。彼は今ポッドキャストをやっていて、そのエピソードはすべて、軍団員や反ユダヤ主義者からなる反共産主義レジスタンスに捧げられたものです。戦争犯罪人であるイオン・アントネスクのような人物らの彫像に覆いがかけられているまさにそのときに、このようなことが行われたのです。このようなファシズムの思想は、かつてないほど社会に浸透しており、私はこのファシズムの台頭に真の危機を感じています。

 また、このような人々を「ファシスト」と呼ぶことに、社会の中でまだ抵抗があるように感じます。彼らは “ポピュリスト”、”右翼”、”ナショナリスト”、”ユニオニスト”と呼ばれ、彼ら自身も自分たちを “保守 “と呼ぶことに固執しています。しかし、彼らは保守派ではなく、明らかにネオ・ファシストであり、多くのファシスト集団とつながり、彼らの儀式やシンボルを真似し、あからさまに、あるいは暗号化された方法でファシズムについて話します。同時に、彼らはそのようなレッテルを貼られることを恐れています。たとえば、ジョージ・シミオンは、1925年に行われた鉄衛団の指導者コルネリウ・ゼレア・コドレアヌの結婚式を模倣しました。同時に、彼はそれを公に否定し、自分自身が被害者であり、マスメディアから誹謗中傷される対象であることを強調しました。彼は皆を煙にまきました。しかし、彼らはファシストですから、その名で呼ぼうじゃないですか。

Veda Popovici:彼らをその名前で呼ぶことは、最初の一歩にすぎません。第二のステップは、ルーマニアのコンテクストにおいて非常に重要なもので、急進的な右派とネオ・ファシズムの底流に目を向けることである。なぜなら、私たちが今日目撃しているAURの台頭を可能にしたのは、この底流だからです。

CdB:「底流」とはどういうことですか?

Veda: これは、ソフトな右翼、つまり隠れファシスト、保守主義者、愛国者、右翼的知識人など、あらゆる種類の人々を構成する第二層の人々について見るということです。これらの人々は、キャリアを通じて非常に疑わしい協力関係、同盟関係、賞賛を持ち、大学や確立された文化的環境、社会運動に非常によくなじんでいます。これは実際にはるかに大きな問題です。もちろん、前衛的な人たち、最悪の人たちがいて、彼らを見ることはとても重要ですが、戦術的な観点から、彼らの背後にあるものを理解し、認めることも重要です。リベラルで穏健で主流の、パワーを持ち、過激な右翼とは認めないが彼らを支援する人たちのヘゲモニー・ネットワークがそうなのです。

 ジョージ・シミオンはこの意味で良い例です。彼はAURのリーダーになる前、レジスト(反汚職)運動に便宜を図ってもらいました。この運動は右寄りではあっても急進的な右派ではなく、かつてのロシア・モンタナ運動や、後にUSR(Uniunea Salvaţi România、ルーマニア救国同盟)を作った「Uniţi Salvăm」(救国連合)というソーシャルネットワークと絡んでいる背景がありました。これらのネットワークは自分たちが右翼だとは思っていませんでしたが、「アクション2012」(Acţiunea 2012)や「ベッサラビアはルーマニアの土地」(Basarabia pământ românesc)といったユニオニスト(注1)、ジョージ・シミオンなどのウルトラスグループ出身者など、リベラル派の好みに合わせた自称右翼のグループを受け入れていたんですよ。このような社会の力学と組織化が、ファシズムを受容し、力を与え、ファシズムの台頭を許してきたのです。

Adina: 政治学者のアリーナ・ムンジウ=ピピディ(Alina Mungiu-Pippidi)の庇護のもと、かなりリベラルなNGO・シンクタンクであるルーマニア学術協会(SAR)でさえ、ジョージ・シミオンが「ベッサラビアはルーマニアの土地」運動や他の同様の運動の中でユニオニストであると明らかになっていた彼をプッシュしていたのです。ニクショール・ダン(Nicuşor Dan、USRのリーダー)や市民社会、リベラルなNGO業界の多くの人々は、シミオンが明らかに民族主義者でユニオニストであるにもかかわらず、無害であると見なしていました。また、ジョージ・シミオンには、さまざまな環境に適応し、いい人に見えるという性質があると思いますが、彼のナショナリズムは常にそこにありました。

 PSD(社会民主党)、PNL(国民自由党)、UDMR(ルーマニア民主ハンガリー同盟)などの主流派の政党もまた非難されるべきです。というのも、これらの政党の上層部は、民族主義的で外国人ヘイト的な言説やホロコースト否定を常態化させてきたからである。これは、15年前にイタリアでベルルスコーニが行ったのと同じように、道を切り開いたのものです。彼自身はネオ・ファシストではなかったが、ムッソリーニに謝意を持っており、ネオ・ファシストを政権に招き入れました。

CdB: そして今日、イタリアにはネオ・ファシスト政権が誕生しています。

Veda: 「リベラル」「穏健」「中立」を自称する政治家や団体が、右翼的な要素を無害なものと見なすのはこのような理由からです。これはリベラルの想像力の一部であり、リベラリズムの仕組みの一部なのです。リベラルは常に自分たちがある種の正義、あるいは社会を代表する純粋な正統性を持っていると考えてきました。同時に、左翼や右翼の急進的な要素を見下し、嘲笑し、弱体化させ、決してまともに相手にしない。これは、歴史的にナチズムで起こったことでもあります。経済的、文化的、政治的な力を持つリベラルなサークルは、公式に彼らを真剣に受け止めず、いくらか融和的ですらありました。そして、簡単に言えば、結局のところ、リベラルな物質的条件、つまり資本主義の仕組みが、右翼的な環境と完全に適合しているのです。自分たちがターゲットにならない限り、急進的な右派の思想や実践はリベラル派にとってそれほど悪いものではないのです。これが、とりわけ、今日のルーマニアにおけるファシズムの台頭に、主流派のアカデミック・サークルが大きな責任を負っている理由です。

CdB: 学術界の責任をどう問うのですか?

Veda: ルーマニアの文脈では、主流の学者や知識人は、20世紀を通じて彼らの先祖が右翼に忠誠を誓った遺産をまだ脱構築していません。今日に至るまで、何世代もの知識人がそのような協力や加担の責任を問われることもなく、責任を取ってこなかった。今日、主流派の学界では、ミルチャ・エリアーデ(Mircea Eliade)、エミール・シオラン(Emil Cioran)、コンスタンティン・ノイカ(Constantin Noica)、ルシアン・ブラガ(Lucian Blaga)といった人々が、ファシスト政党やイデオロギーに関与し、党員となったりファシストの世界観の概念的正当化に関わっているにもかかわらず、いまだに称賛の対象として扱われているのです。

Adina: この観点からいえば、「大ルーマニア」時代から1960年代を経て、チャウシェスクの共産主義政権も民族主義政権であり、今日に至るまで、ルーマニアの異なる政権を通じて民族主義政治が明らかに連続していることを強調したいと思います。

CdB: それなのに、2020年にAURが国会に進出したときは、誰もが驚いたようです。

Veda: 右翼団体にあまり注意を払わない特権階級の人々にとっては驚きでしかありませんでした。なぜなら、これらは彼らを脅かしたりしないものだったからです。急進左派の中では、20年前から「ファシズムは復活する」「準備しなければならない」と言い続けてきました。それに対して、リベラル派はこう答えるでしょう。「君たちアナーキストはいつもそうだ」「どこにでもファシストがいるんだな」と。

Adina:そして、多くの左翼活動家も、こうした試みにあまり気づいていませんでした。彼らは、主流政党であるPSDやPNLにだけ注目すべきだ、真の問題はそこにあり、社会国家の侵食にある、と言っていました。今AURにいる人たちは、私たちの目から遠く離れたところで行動していましたし、国や民間の利益団体に取り込まれている主流のメディアにはアクセスできませんでした。彼らはソーシャルメディアを使って、私たちとは違うグループや層をターゲットにしていたので、私たちはあまり彼らの姿を見ることがありませんでした。また、農村部での選挙活動も盛んで、ここでも私たちの目からは遠いところにいました。つまり、彼らは基盤を構築していたのですが、それはレーダーの届かないところにあったのです。

CdB: ファシストの思想はPNL-PSD政権(国民自由党・社会民主党連立政権)の政策に影響を与えているのでしょうか?

Veda: AURが国会にいるということは、PNL-PSDの右派的な政策を後押ししているのは間違いありません。しかし、欧米やバルカン半島の主流政党はすべて右傾化しており、ルーマニアの政党も同様です。歴史的な瞬間の問題であり、私たちは悲惨な経済、社会、環境危機を生きているのですが、統治エリートは本当に気にかけていません。

Adina: PSDやPNLといった主流政党は、実際には非常に民族主義的で保守的であるという事実に加えて、こうした傾向はすでに存在していました。より進歩的な人々はUSRを去り、まだそこにいる少数の人々は筋金入りの新自由主義的な考えを代表しています。AURは、他の政党にも急進的な右派の傾向を促しています。これは、いわゆる “ジェンダー・イデオロギー “に反対するような、最近提案された立法プロジェクトを見れば一目瞭然です。なぜなら、UDMRは高度に「オルバン化」しており、ヴィクトール・オルバンの政党であるフィデスの衛星政党となっているからです。そしてUDMRは2020年以降、最初はPNLとUSR、現在はPSDとPNLとともに、政府の下位の同盟者として活動しています。

 もうひとつ、AURのおかげで、そして主流派政党がこうしたナショナリズムの考えを支持する有権者がいることを知ったために、多くの新党が出現し、政治的「再構成」を進めている政治家によって結成された政党が現れると私は見ています。より多くの民族主義的なポピュリスト政党が登場し、それは、政党を乗り換えるだけの主流派政治家が、政治的利益を得る方法をこれに見出すことによって設立されたものです。このように極右は議会政治を通じて社会に浸透していくのです。

CdB: 10月2日にインフレに対する抗議デモが組織されました。多くの人が郵便受けに受け取ったチラシには、どこの団体の署名もありませんでしたが、AURが主催したものでした。

Adina: 彼らは、戦間期のファシストと同じように、左翼的な話題を道具化しています。彼らは人々の経済的な不満を拾っていますが、これは通常、左派の話題です。ここでの問題は、ルーマニアに強力な左派が存在しないことかもしれません。社会民主党が中道化してしまい、貧しい人々が代表されない他の多くの国々と同様です。電気代が爆発的に高騰したとき、人々の心配をしているように見えた政党はPSDとAURだけでした。AURは、人々の不満を利用しながらも、何の解決策ももたらしていない。ここで強調しておきたいのは、AURは民衆の政党ではなく、実際に不平等を支持し、それを自然なこと、物事の秩序の一部と考えている政党だということです。彼ら自身が認めているように、彼らは徹底的な反平等主義者なのです。

CdB: 労働組合はどうなのですか? 彼らはどこにいるのでしょうか?

Veda: 1990年代後半、労働運動全体が抑圧されたことで、労働組合は再編さ れました。生き残った組合は全く異なる方向に進み、政府と協調する戦略を採用しました。長年にわたり、左派は組合とのさまざまな種類の提携を追求し、一部は良い結果を残してきました。しかし、人数も資源も少ない私たちが正当性を主張するのは非常に難しいことです。そう、AURは社会経済的な危機を利用することができ、右翼政党が持つインフラやリソースにアクセスすることなく、左翼は社会でほとんど反響がないのです。

CdB: インフラはどのように構築するのでしょうか?

Veda: 私たちが行ってきたように、長い時間をかけてゆっくりと行うか、あるいは、経済的な支援システムを構築したり、不動産を購入したり、ラジオ局やテレビ局を作ったりするための大きな資金を得るかです。しかし、インフラが整っていなければ、歴史的な偶然に恵まれることを願うしかないでしょう。そのとき、適切な場所に適切なタイミングでいれば、あなたのビジョンは社会に反響することができます。しかし、それまでは、非常に小さく、遅く、断片的な動員しかできないのです。

CdB: では、今、「左翼」というと、非公式なグループのことを指すのでしょうか?

Veda: そう、インフォーマルなグループ、コレクティブ、プロジェクト…… それは一元的なものではありません。アナーキストのネットワーク、社会主義者、住宅正義運動やフェミニスト運動、アナーコ・クィアの動員を中心に組織されたグループもありますし……

Adina: 「左翼」と呼ぶべきでしょうね。

CbD: 国会に左翼を代表する人がいないのに、どうして主流の政治スペクトルに誰がたどり着くのですか?門戸は開かれているのではないですか。

Veda: これは社会主義者に聞くべき質問かもしれませんね。私は無政府主義者だから、政党を作りたいとは思わない。

Adina: ルーマニアでは、反共産主義のレトリックが公共生活のあらゆる側面で覇権を握っているため、どんな左翼団体も受け入れられにくくなっているのです。LGBTQIA+の権利など、より進歩的なテーマを支持していたというだけで、USRは「左翼」だと言われます。どんな社会政策であっても、人々はそれを「共産主義」だと考え、信用を失ったり閉鎖されたりするのです。反共産主義は新自由主義的な言説と相性がよく、どんな左翼運動も支持と正当性を得るのが非常に難しくなっています。これは、筋金入りの国家的共産主義の過去に対する強い反共主義の反動が、左翼的な考えを受け入れられなくしていることと、この反共主義の助けを借りて戦略的に強化された1989年以降の新自由主義的アジェンダとの間の混合のもたらした結果です。

 私たちはまだキャパシティビルディングの過程にあると思います。左翼の中には、私たちが構築したものを「インテリすぎる」「文化的すぎる」と批判する人もいますが、同時に、運動を統合し、より多くの人を巻き込み、左翼のスティグマを脱却するためのプロセスでもあるのです。もちろん動員は必要ですが、ブカレストで「左翼」と呼ばれている数十人の活動家だけで、どんな動員ができるでしょうか?

 西側諸国の人々は、ルーマニアで起こっていること、あるいは起こっていないことだけを見て判断を下すことが多いように感じます。しかし、私たちは今、異なる段階にいると思います。

Veda: 私にとっては、政党を頂点とする巨大な社会運動は大いに賛同できるモデルでありその一員になることも可能ですが、それは私が目指すものではありません。私が目指すモデルは、安定したインフラと、数に関係なく再生産できる組織文化、10人で維持し、1万人に拡大できる組織文化を作ることです。そして何より、私の興味は継続性、つまりほとんど途切れることがないことです。経済の破綻、政府の崩壊、戦争など、最も厳しい危機の時代に、実際にレジスタンスを維持できるのは、まさに継続性であると感じています。

 ですから、私は左派が小さいことに不満を持ってはいません。ルーマニアの左派は非常に多様で、多くのトピックをカバーし、非常にダイナミックで、事態は急速に、そして良い方向に変化していることを誇りに思っています。今、世代交代が驚くほど進んでいます。新しい世代が、私たちの団体やサークルに入ってきています。彼らは本当に何かをやりたがり、参加し、大義やそこにいる人々に愛着を持ち、これはすべて重要なことなのです。私個人としては、もし私が今やっていることを「ただ」続けるなら、ファシズムの台頭に直面している自分自身と自分のコミュニティに対して、とても大丈夫だし、誇りに思います。 

Adina: なぜ左翼政党がないのかに話を戻すと、ヨーロッパで最も高い水準で敷居を高くした選挙法のせいでもあるんです。選挙に出るためには、20万人という多くの署名が必要です。小左翼はこの署名をすべて集めることができない。この法的要件は、既存の政党やより多くの資金を持つ候補者にとっても難題となるものです。署名の偽造疑惑も頻発しています。さらに、多くの資金と資源が必要で、おそらく経済的利害関係のある機関や役者からの支援も必要です。なぜなら、人々に自分を知ってもらうためのキャンペーンに資金が必要だからです。その資金をどこから調達するかといえば、一部の実業家からしか得られないでしょう。そうすると、私たちはすでに妥協しているか、彼らに依存していることになり、左翼政党を立ち上げるには不適切な方法です。

 左翼政党を自称していたデモス党の例もありますが、そこでは、ある程度の妥協をする人としない人がいて、失敗に終わるのは目に見えていました。また、私自身、政党を作ることにエネルギーを注ぐことはしません。なぜなら、選挙政治は私が左派に望む未来ではないと思うからです。同時に、現実的に言えば、立法的な影響力を持つことが重要であることも分かっています。しかし、政治家や政党に圧力をかけたり、政策に影響を与えたりすることは、他の方法で、より私たちに適した方法で、それほど多くの妥協をする必要のない方法でできます。

CdB: 政策に影響を与える他の方法とは?

Veda: 例えば、地域の住宅正義運動は、社会主義者や無政府主義者を含む反資本主義者であり、行政との交渉や法改正を求めるという戦術を常に含んでいます。私たちは小さな勝利を収め、達成した小さなことを、一緒に組織しているコミュニティに伝え、こう言いました。「私たちが成し遂げたことを見てください」と言うことで、正当性が生まれます。そうして信頼と関係を築き、さらにそれを積み重ねていく、これが戦略です。

 理想を言えば、これによって関係者から安定したコミットメントを得ることができ、それが重要です。1万人の参加者はいなくても、死ぬまで過激な政治活動をする50人の参加者はいる。これは強力なことです。今日動員した1万人が、明日には見つからなかったり、もっといいことがあったり、最悪の場合、AURに加入していることがわかったりするようなことはない。それは恐ろしい。

CdB: 住宅運動で何を実現したのか、少し詳しく教えてください。

Veda: 例えば、政策面では、クルージュやブカレストで、自治体レベルの社会住宅取得の基準を少し改善することができました。ルーマニアの復興計画(310億ユーロの欧州資金を獲得するための計画)に社会住宅や公共住宅を盛り込むことができたのも、私たちの活動のおかげです。もし私たちが長年そこにいなかったら、誰もその席で、公共住宅を計画の一部に加えるべきだとは言わなかったでしょう。一般的に、ルーマニアの住宅運動は、住宅を政党や地方行政の議題にすることに成功しました。人々はこれを求めており、私たちは、中小の行政機関や大手の行政機関に圧力をかけることができました。また、労働組合など他の社会的アクターにも、公的な社会住宅を議題にあげるよう働きかけました。現在では、労働組合は労働と住宅を結びつけて考え、政府の有力者と交渉する際には住宅を話題にするようになっています。 

CdB: これらは具体的な成果です。環境についてはどうでしょうか。クロアチアのザグレブ、セルビアのベオグラードとノヴィサドでは、環境は社会動員の良いベクトルになっています。なぜルーマニアではダメなのか?ルーマニアには緑の党がないのですか?

Adina: 緑の党は最近までFlorin Călinescuによって運営されていました。彼はキリスト教民族主義の保守右翼で、いわゆる「ネオマルクス主義」に対して暴言を吐いており、他の党員は公然とネオファシストのCălin Georgescu―彼はまたAURのリーダーGeorge Simionによって採りたてられました―の支持者でした。私は、彼らの「内部改革」の能力には懐疑的です。

Veda: でも、もう崩壊したと思います。

CdB: ルーマニアの緑の党は左派ではなかったんですね。

Veda: 現在、いくつかのグループがありますが、この運動は将来的に必ず大きくなるでしょう。私たちの運動の中では、環境問題はほとんど統合されています。例えば、住宅運動では、環境的レイシズムに関連する不正を指摘することで、この問題に取り組んできました。また、東欧の都市はヨーロッパで最も過密な都市の一つです。ブカレストもその一つで、都市における多くの具体的な環境問題は、そこから生まれています。 

 しかし、心に留めておくべき重要な問題は、すべての環境正義の取り組みは、ほぼゼロから始めなければならないということです。1つは、2010年代初頭に環境保護主義的なアプローチが展開された際、左派が国家による弾圧の標的となったことです。そしてもうひとつは、2010年代に発展することができた2つの強力な環境保護運動が、ロシヤ・モンタナ運動と森林保護運動という風に、目を見張るような形で崩壊してしまったことです。 

CdB: 詳しく教えてください。

Veda: 私の経験では、ロシヤ・モンタナ運動は、いわゆる「穏健派」の人々が民族主義者や右翼を受け入れたために崩壊したのです。同時に、この問題を的確に指摘した急進左派は、徐々に運動から追い出されていきました。こうしたことが大きな内部緊張を生み、結果的に運動は崩壊してしまったのです。そして、ロシヤ・モンタナと同じ時期にピークに達した森林保護運動も、右翼的な要素に浸透され、同じように崩壊してしまいました。当時、私たちの共同体では、残忍な弾圧の話が流布され、それに関わった少数の左派も含め、多くの人が落胆していました。考えてみれば、木材は大きなマネービジネスですから、それは理にかなっています。森林を守るために人々が組織化されたとしても、そこは人里離れた場所なので、彼らを脅し、暴力的に弾圧するのは非常に簡単なことなのです。そのため、現在では大規模なNGOだけが活動をしています。なぜなら、必要なレベルの保護から恩恵を受けられるのは彼らだけだからです。グリーンピースの活動家でさえ、殴られたことがあります。ジャーナリストもです。 

Adina: 現在、ルーマニアの環境保護運動は、まだ政治化されていないと思います。小さな、若いグループは別として。

Veda: また、2008年の反NATOデモが国家によって暴力的に弾圧されたとき、アナーキスト運動が非常に大きな打撃を受けたことを思い起こさせるものです。私にとっては、これは大きな野心について話すときに心に留めておくべきことです。破壊しやすい小さな運動である場合、一番気をつけなければならないのは、運動を守ることであり、不必要なリスクに身をさらさないことです。なぜなら、運動が破壊されると、再建するのに長い時間がかかるからです。

CdB: その時の様子をもう少し詳しく教えてください。

Veda: 2008年にブカレストでNATOサミットがあったので、ルーマニアのアナルコ・パンク・ネットワークが他の国の同志たちと組織した反NATOの集会があったんです。NATOサミットがあるときはどこでも行われているような、普通の反NATOの抗議活動です。私たちの同志は、ティンプリ・ノイ(ブカレスト市)にある大きな産業会館を借りて、そこに皆が一泊し、サミットに抗議する公開活動をする計画でした。サミット前日の4月2日の朝、反テロ部隊が懐中電灯、反テロ装備、銃を持って会館に押し入り、50人以上の全員を文字通りボコボコにしたんですよ。肋骨や足を折る大怪我をした人も何人かいました。その後、逮捕して数時間拘束した。さらに、このグループは何カ月も前から監視され、シークレットサービスまで潜入していたことが後で判明しました。 

 この事件全体がトラウマになり、息苦しくなり、当時のシーンの仲間は本当に怖くなりました。彼らは20歳前後で、Zineやステッカー、パンクミュージックを作っていたのですが…… この瞬間から、彼らの多くはあらゆるアクティビズムを諦め、非常にトラウマを抱え、多くがうつ病に苦しみ、全く別のことをしようと決めた人もいて、ネットワークは破壊されました。

 アナルコ・パンクとアナルコ・フェミニストの運動は、その時点までかなり強力で豊かなものでしたが、この弾圧という重い出来事によって、事態は部分的に崩壊してしまいました(注2)。その後、それを継続するためにビブリオテカ・オルタナティヴァが作られました。これはハードコアなものだから地下に潜る必要がある、だから文化的なプロジェクトをやろうって言ったんです。

Adina: 当時は、NATOの言いなりになっていたんです。2004年に加盟したばかりだったので、ルーマニアがNATOのいい子であることを証明したかったのでしょう。こうした権威主義的な抑圧傾向は、かつての独裁政権の継続と見ることができます。なぜなら、少なくとも諜報機関など、システムの一部はあまり変わっていないからです。

CdB: 最後の質問は、移民と左翼についてです。ルーマニアや東欧では、常に人が流出し、若者はこの状況に憂鬱になり、ベルリンやロンドンなどへ行きます。あなたの活動家サークルでは、このようなことを経験しましたか?

Veda: そうそう、ベルリンやロンドンの方がいいということで、何年も前から多くの人がここを離れています。あるいは、去るべきか残るべきか迷って、政治的な組織化にコミットしない人たちもいます。例えば、住宅運動では、コミュニティで組織化しても、人々が去っていくので、継続性や持続性に問題があります。そのようなコミュニティの多くは労働者階級の人々で構成されています。彼らは貧しく、過密なアパートに住んでいるので、若い人たちはイタリアやイギリス、ドイツに出稼ぎに行き、故郷に送金して、何とか家を買おうとしています。ブカレストの都市労働者階級が過密問題を解決する方法はこれだ:彼らは外国に出稼ぎに行く。少なくとも住宅運動においては、この問題があります。ブカレストの運動で最も重要な組織者は、家を追い出された人たちのコミュニティ出身でしたが、西側諸国で働くために去っていきました。しかし、最近この状況は変わってきているようです。

Adina: そう、そして時々、何人かが戻ってくる。数少ないですが、そういうこともありますし、戻ってきたときには、有益な経験をしています。

Veda: ここ数年、とても良くなっていると実感しています。なぜなら、ある政治的プロジェクトにコミットするかどうか迷っているような宙ぶらりんな状態ではなくなっているからです。今では、離脱を考える人は少なくなり、ここにいて「これが私の人生だ 」と言っています。


原注

(注1)ここにおいてユニオニズムとは、ルーマニアとモルドバ共和国の連合に言及するイデオロギー的傾向。これはすべての急進的な右派の活動家の主要な議題の一つです。モルドバ共和国は、しばしば「ベッサラビア」と呼ばれ、その領土の最大の部分の歴史的名称の一つ。権威主義的なナショナリズムに対抗する観点から、このような計画は、モルドバの複雑な歴史を著しく無視したルーマニアのナショナリストの植民地的な空想であると言える。ユニオニストの立場はすべてモルダビア人をルーマニア人と呼び、モルドバの文化や歴史の重要な違いを事実上消し去っている。彼らはまた、モルドバ人とロシア人の同居を、ルーマニア人のアイデンティティに対する一種の虐待とみなしている。

(注2)ブカレストのソーシャルセンターやコレクティブに関するいくつかの説明は、『Idea』誌のこれらのインタビューを参照されたい。Dana Andrei in Conversation with Veda Popovici and Iulia Andrei, 2019, “The measure of Our Political Identity Rests Upon Our Actions,” 90-105, 原文 (ルーマニア語と英語); Ovidiu Ţichindeleanu in conversation with Victor V., 2015, “De la Biblioteca Alternativă la centrul Claca: paşi către recompoziţia stîngii” 原文 (ルーマニア語)


Adina Marinceaは、2014年頃からアクティビズムに参加。それ以前は、2012年の反偽造貿易協定(ACTA)、2013年のロイシャ・モンタナに対する抗議行動に参加していた。現在、極右の急進化を研究する研究者であり、主流メディアと左翼、フェミニスト、アナーキストのプラットフォームで定期的に分析とオンライン調査を発表している。活動家としては、いくつかの反権威主義的な集団に属し、フェミニスト、反人種主義、反ファシストの組織化、住宅正義運動に関与。

Veda Popoviciは2011年に反資本主義、反権威主義、脱植民地主義、共同体主義の立場から活動に参加。彼女の政治的活動は、クラカ・ソーシャルセンター、マカズ協同組合と自治的集団、ガゼット・オブ・ポリティカルアート、ディズノミア・コミュニティ、住宅権利のための共同戦線など、さまざまな自治的、無政府的、フェミニストのイニシアティブで展開されている。オーガナイザーとして、2012年の反緊縮デモや2013年のロシュア・モンタナ運動などの大規模な抗議活動や、フェミニスト、アナキスト、住宅正義、反人種差別運動におけるコミュニティ形成に関与してきた。理論家として、脱植民地主義、反ファシズム、トランスフォーマティブフェミニズム、ポリティカル・アート、変革的正義について執筆している。現在は、住宅正義、ラディカル・クィア・ポリティクス、地域・国際連帯のための組織作りに専念。

This article is republished from Left East under COPY LEFT.

Image by Babu, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 × four =