2023年に注目すべき世界の5つの選挙: 世界中で数百万人が投票所に向かう中、何が問われるのか?

素材 選挙

 国政選挙の結果を予測することは、非常に難しいことです。世論調査にはしばしば間違いがあり、数カ月後に人々がどのように投票するかを推測すると、最も精通した選挙の専門家でさえ、面目を失うことになりかねません。

 すなわち、経済状況、最新の政治的ショック、選挙当日の天候など、未知数が多すぎるのです。ただ、2023年は重要なレースが目白押しであることは確かでしょう。多くの国で民主主義の是非が問われ、インフレや汚職の処理といった共通のテーマが、現職の政府や大統領の動向を左右する可能性があります。5人の専門家に、2023年の重要な国政選挙で何が問題になっているか、その背景を尋ねました。

ナイジェリア(2月25日)

カール・ルヴァン(アメリカン大学比較地域研究科教授)

 ナイジェリア大統領選挙に向けた選挙戦の動きは、同国を知る人々にとって馴染み深いものだと思われます。この国の政治は、イスラム教徒の多い北部とキリスト教徒の多い南部という地理的・宗教的な対立といまだに深く関わっています。北部のムハマド・ブハリ氏が8年間大統領を務めた後、南部への権力移譲の是非が議論されているのです。

 ブハリ大統領は憲法に基づき、2期4年の任期を終えて退任することになり、選挙の情勢が大きく変わります。1999年の民政移管以来、現職の大統領候補がいないのは2度目です。

 アフリカでは、再選を目指す現職がいないことが、歴史的に野党勝利の可能性を高めてきました。ナイジェリアでは、1980年代以降初めて、3つの主要な民族がそれぞれ大統領候補を輩出したのです。ハウサ・フラニー系のアティク・アブバカル、ヨルバ系のボラ・ティヌブ前ラゴス州知事、イボ系のピーター・オビ前アナンブラ州知事でした。

 これは一見進歩のように見えるかもしれないし、大統領選挙における民族間の協力も前進していますが、憲法の定める複数得票と地理的な支持分布の両方を必要とする方式では、明確な勝者が出ないリスクがぐっと高くなります。決選投票が行われたことはこれまで一度もなく、選挙管理委員会が決選投票を行う期間はわずか一週間でしかありません。

 安全保障と貧困は選挙の重要なテーマです。ブハリは2015年、経済成長、汚職防止、世界最凶の反乱軍ボコ・ハラムの打倒を優先して勝利しました。しかし、今日、8000万人以上のナイジェリア人が貧困にあえぎ、治安の悪さが国を覆っています。ナイジェリアを襲う暴力の規模は、1970年に内戦が終結して以来、かつてないものであり、地理的な範囲も前代未聞のものとなっています。一方、民族よりも国家に忠誠心を感じるナイジェリア人は、わずか15%に過ぎません

 このため、2月23日の投票に向けて、選挙暴力や有権者への威嚇が行われる可能性が出てきました。2022年には政党間、政党内の政治的暴力が増加しました。にもかかわらず、候補者は主に経済の多様化、汚職防止、ナイジェリアの若者への機会といった希望に満ちたメッセージを掲げて活動しています。

トルコ(6月18日)

アフメト・クル(サンディエゴ州立大学政治学部教授)

 トルコでは大統領選のたびに歴史的な選挙と言われるが、2023年6月の選挙は本当に歴史的な選挙になりそうです。エルドアン大統領による独裁的な支配が今後も続くのか、そうでないのかを決める選挙なのです。狭い意味での「政治」だけでなく、経済政策、宗教、教育など様々な分野での方向性が問われています。

 もしエルドアンが勝利すれば、トルコの公の場に残っている反対派がさらに勢力を衰えさせることになりかねません。特に彼の権威主義と復讐心という過去の記録を考えると、なおさらです。実際、12月には人気のあるイスタンブール市長が実刑判決を受け、控訴すればいかなる政治的役職にも就くことができなくなるなど、大統領候補が狙われているのではないかという疑惑がすでに生まれています。

 危険なのは、トルコの野党が将来への希望を失ってしまうことです。また、医師、学者、ビジネスマンなど高学歴の人々が西側諸国に移住し、国内の野党が弱体化するという、この国の「頭脳流出」問題を悪化させることにもなりかねません。

 エルドアンが敗れれば、大きな影響を及ぼします。彼の支配下で沈黙していた人々は、再び声を上げることができるようになるでしょう。エルドアンの政治的粛清の一環として、10万人以上が投獄されています。エルドアンが敗れた場合、彼と彼の公務員に対して虐待の疑いで、また彼の取り巻き資本家に対して汚職の疑いで法的措置が取られても不思議ではありません。

 選挙の結果は、宗教と国家の関係の行方をも左右するでしょう。8万ものモスクを管理するトルコの宗教総局は、エルドアンの大きな味方です。政権が交代すれば、宗教総局の権限が縮小される可能性が大です。

 2023年の大統領選挙は、政治、経済、宗教をめぐって争われることになるでしょう。エルドアンが勝てば、ムスタファ・ケマル・アタチュルクに続く第二のトルコの創始者として自らを祭り上げることになるでしょう。もし彼が負ければ、政界、財界、宗教界の盟友は抹殺されるリスクに直面せざるをえません。

ジンバブエ(7月~8月頃の見込み)

マイルス・テンディ(オックスフォード大学政治学部准教授)

 2023年のジンバブエの選挙は、同国の前指導者ロバート・ムガベの失脚後に行われる2回目の国民投票です。

 同国の最後の選挙となった2018年は、軍事クーデターによってロバート・ムガベの37年にわたる圧政が終焉した1年後に行われました。しかし、多くのジンバブエ人や外国政府の期待に反して、その投票は同国の紛争と暴力に満ちた選挙の膨大な歴史からの重大な脱却とはなりませんでした。与党ZANU PFと国家の混同といった強力なシステム問題が、ジンバブエの欠陥選挙を生み出していることを強調しているのです。

 ジンバブエが最終的に、誰もが信頼できると認める選挙を行えるかどうかは、2023年の重要な課題の一つです。信頼できる選挙は、それ自体、政治的、経済的、社会的に重大な改革をもたらすことはありません。しかし、欧米諸国や国際通貨基金などの国際援助機関は、長年緊張関係にあったジンバブエとの経済・外交面での本格的な再協力の前提として、問題のない国民投票を期待するでしょう。

 また、オブザーバーは女性の政治的権利に関する改善も期待していることでしょう。政治的リーダーシップ、暴力、選挙キャンペーン、投票行動などのジェンダー性質が、ジンバブエの政治における女性の平等な代表を妨げてきたのです。2018年の国会議員選挙では、210の選挙区のうち、女性候補が勝利したのはわずか26選挙区でした。2018年の大統領選挙には4人の女性が出馬しましたが、投票率4%以上を獲得できた人はいませんでした

 野党政治の未来も投票にかけられる。2018年以降、主要野党の民主変革運動党(MDC)は、国家による弾圧、内部分裂、資金不足に悩まされることになりました。その間、大量の新規有権者を選挙人名簿に登録させることに 失敗しています。

 もし与党ZANU PFが目指している選挙での圧勝を成し遂げれば、野党はさらに分裂と幻滅を抱え込み、過去20年間にMDCが主導したような活気ある野党政治にとって存続の危機となる可能性があります。そして、ZANU PFに挑戦し、牽制する強力な野党がなければ、権威主義的な支配が強固になる危険性があるのです。

アルゼンチン(10月29日)

エドゥアルド・ガマーラ(フロリダ国際大学政治・国際関係学部教授)

 ワールドカップで盛り上がったとはいえ、多くのアルゼンチン人は2023年の選挙に向けてかなり暗い顔をしています。アルゼンチンの経済は長い間低迷しており、国民一人当たりの借金はラテンアメリカで最も高額な部類に入ります。その上、高騰するインフレ、低賃金、低成長-すべてCOVID-19の大流行に対する政府の対応で悪化している-があります。

 これらの問題のすべてが、アルベルト・フェルナンデス大統領とその強力な副大統領であるクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル–ともに中道左派のペロニスト派–の独壇場であるわけではありません。実際、マウリシオ・マクリ前大統領は、2019年に投票される前に、IMFに対して巨額の債務を積み上げました。しかし、フェルナンデスとフェルナンデス・デ・キルチネルは、この国の経済問題を解決することができなかったと言っていいでしょう。

 さらに、この二人は他の問題にも悩まされてきました。特に汚職、つまり昔ながらの政治的後援と、国中の麻薬密売に基づく近代的汚職の両方に悩まされてきたのです。

 経済運営の失敗と汚職のスキャンダルが重なり、過去70年間アルゼンチンを統治してきた政治理念であるペロニズムに終止符が打たれるかもしれないと予想する人さえいます。実際、ペロニストは選挙に参加する候補者を中心に団結するのに苦労しているようです。

 一方、マウリシオ・マクリ氏の政党も同様に分裂しており、前大統領は党内から強い挑戦を受けることになります。

 こうした政治的・経済的状況は、第3の候補者に有利に働くかもしれません。ハビエル・ミレイは、世論調査で上昇しているポピュリストのリバタリアンであり、その無愛想なスタイルはドナルド・トランプと比較されてきました

パキスタン(2023年末頃までに)

アイーシャ・ジャラル(タフツ大学歴史学教授)

 パキスタンの選挙はパワーがすべてです。特に今回は、失脚したイムラン・カーン首相が、パキスタンを統治するために必要だという3分の2の多数を獲得できるかどうかがすべてです。それ以下では、クリケットの元国民的スターは満足できないでしょう。

 大きな問題は、選挙がいつ行われるかということです。パキスタンでは、現職の政府の下で総選挙が行われるわけではありません。その代わりに、テクノクラートで構成される暫定政権が発足し、90日以内に選挙が行われなければなりません

 しかし、経済危機、環境破壊、信頼性の危機に直面する中、連立与党はできるだけ長く政権を維持しようと考えているようで、国民議会がいつ解散し、暫定政権が発足するかは不明です。そのため、選挙は年末にずれ込む可能性があります。

 いずれにせよ、重要な選挙になることは間違いありません。昨年、カーンのテヘリク・インサフ党を追放した現在の連立政権が多くの政党からなるため、持ちこたえられるかどうかは未知数です。

 カーンは、自分が望む憲法改正を実現するために、3分の2の賛成が欲しいと述べています。では、もしそれが実現できなかったとしても、彼は満足するの でしょうか?

 どちらにしても、2023年の選挙がパキスタンの苦境に対する答えになることはないでしょう。この後、誰が責任者になるにせよ、国際通貨基金(IMF)の助けを借りて経済の亀裂を埋め合わせる必要があります。さらなる救済措置がなければ、パキスタンは機能するために必要な流動性を持たないでしょう。

 選挙での暴力を排除することはできません。パキスタンは銃があふれていて、非常に偏向しています。2013年の選挙では暴力が起こり、最近ではパキスタン北部での暴力や、集会でのカーンへの銃撃がありました。

 もっとも、選挙期間中は治安部隊が暴力を抑えられることが望ましいのですが。

This article is republished from The Conversation under CC BY-ND 4.0.

Image by macrovector on Freepik

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

16 − 7 =